【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年02月28日

むごすぎる展開

皆様こんばんは。

怒涛の円買いが出てしまいました。

クロス円に至っては、相場に一方通行は無いという、つじつま合わせのような動きですが、もちろんランド円もむごい展開になってます(泣)

で、何かしら理由があるはずだと思いましたので、調べてみました。

その結果がこちらです。

zarjpy070228day.JPG

色分けの通り見て頂ければお分かりになるかと思いますが、

対等数値、基本数値ピッタリでした。


完全後講釈で申し訳ないのですが、今思えば、

1/3の17.34の天井、1/10の16.06の底をつけた時点で、

対等数値を考えて2/17の底が導き出せただろうということです。


かろうじて2/22の変化日は基本数値により導きだしてはいたものの、私が考えていた相場の延長ではなく「転換」でした。


また、2006/4/20の19.75天井から2006/6/23の14.74底の仲値は17.25であり、今回の変化日の高値とピッタリでした。


反省点の多く残る相場となりました・・・


で、これから注意するポイントとしては、均衡表が一気に逆転してしまいましたので、下値リスクを考えることとなってきますが、14.75〜17.34の仲値16.05を狙う動きが考えられます。

そして、2006/4/20の19.75天井から2006/6/23の14.74底まで、120日あるのですが、これを対等数値としてとりますと、来月3/21が導きだせるのですが、これも何らかの意味をなすものになると思われます。

あとは28の対等数値ですね。


17.24を越える動きならば、高値をつける可能性が考えられますし、もみあい中ならば放れのポイントとして意識できるのかと思っています。


ひとまず16円を切るのかどうかに注目したいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月27日

NY金は今週調整入り?

皆様こんばんは。

期待を裏切るランドの下落にヘコミ中のももたまでございます。

ま、いい押し目が来ると思って、様子見したいと思います。


今日は先日の通り、NY金の分析をやってみました。

落ちる前に記事を書けばよかったな〜と後悔しています。

では週足チャートです。

gold070227week.JPG

緑色の線が小勢波動、水色の線が3波動ごとのカウント数です。

ぱっと見て、美しいと思いませんか?

6、9、22など対等数値でしっかりおさまっています。


二本目の水色の線の波動(緑の三波動)で計算すると、

559.20-649.60-601.50

V計算値 697.70
N計算値 691.90

今週高値は687.80ですので、N計算値に近い数値をとっていますね。

日柄的には調整入りしてもよいタイミングにあると思います。


遅行線も日々線が変化したタイミングに差し掛かっていますので、なんらかのアクションは期待できるものと思っています。


とりあえず日足での転換線を割るかどうかを意識していきたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | GOLD
2007年02月26日

ドルランドは自律反発開始か?

皆様こんばんは。

昨日の記事の通りドルランドの反発がありましたね。

いいタイミングかと思います。

夕方からの円の買い戻しで、ランド円も連れ安となっています。

私のポジもストップアウトするのかな〜と少し不安なところです。


まだNYがどう引き継いでくるか分かりませんのでなんともいえませんが、現段階ではドルランドの三角保ち合いがしらけるまで、まだまだ余裕があります。


押し目として16.75程度までのランド円の下落は覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 18:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年02月25日

ドルランドは三尊完成に向けて着々と準備中?

皆様こんばんは^^

明日への期待を胸に予想を巡らしてらっしゃいますでしょうか?

本日も私に戯言に少々の時間お付き合いくださいませ〜

NY金の分析をしようとおもったんですが、ドルランドを眺めていたら、こっちの方がおもしろいな〜と思ったので、こっちの記事を書くことにしました。

NY金は後日書きますね。

では日足から見てみましょう。

usdzar070225day.JPG

ぱっと見て感じるのは水色の保ち合い下抜けですね。

次に、もみあいの中心線(黄色)を考えて見ますと、
仲値を最初につけた日から離れが起きる直前までの日柄は27日であり、基本数値26に迫る日となっています。

それで、今回の保ち合い下抜けを裏付ける根拠を得ることができますね。

また、波動のカウント数(緑色)ですが、過去の波動を見ても一つの波動を9日(一節)でとることが多いようですので、今回の放れの波動も一旦の反発の可能性を警戒することもできます。


では次に週足です。

usdzar070225week.JPG

相場の中心線を二つ書いています。黄色と緑色の線です。

注目できるのは、どちらの中心線も同じ足にからんだということですね。

まず黄色から考えますが、33週カウントで放れの可能性が出ています。

転換線もパッチリ抜けましたので、このまま下落を続けて三尊完成かと思いたくなりますが、緑線の仲値を考えた時に、42週カウントが注目できます。

これは遅行線が日々線の次のピークにさしかかるタイミングでもあります。あと6週カウント後になります。

これ、丁度三尊完成のためのネックライン(水色)と重なっているんですね。

ということはもうちょっと三尊完成までには時間がかかるような気もしてきますね。

ちなみに、遅行線ベースでのネックライン(水色)は既にブレイクされています。


とりあえずランド円の方向性としては上昇に安心感が出始めるのかな〜と思っています。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年02月23日

ランド円の押し目は無いのか?

皆様こんばんは。

昨夜はネット環境のないところにおりまして、先ほど帰ってまいりました。

チャート見て「お〜すげぇ〜」とブツブツ言っておりました。

私は押し目が欲しかったので、ついつい下落を予想してしまっていたのですが、それをあざ笑うかの上昇でした。

↑こういう思い込みはよくありませんね(汗)

では日足をご覧下さい。
(昨日までの足ですのでご注意を)

zarjpy070223day.JPG

以前から申し上げてました、雲のネジレのタイミングに見事に「反転」ではなく「波動の延長」が起きました。
もみあいの仲値からの放れでもあります。

これは、単にネジレがあるからというだけでは無く、基本数値によるということを加味しての話です。
過去の記事をご覧下さい。→2月8日の記事

遅行線で見ても、日々線のボトムと重なったタイミングでの反転となり、26という基本数値が見事にワークしているのを確認できると思います。


さて、今後ですが、黄色の波動で見ると見事に波動転換しておりますので、Nの三波動を考えることとなります。

16.06-17.18-16.46
V計算値 17.90
N計算値 17.58
E計算値 18.30
NT計算値 16.86

う〜ん、素晴らしい目標値が出てきましたねぇ・・・

あとは、水色の線17.34を越えてくれれば安心感が出てきますね。


週末ということもあり、高値更新はあまり望めないような気がしますね。
遅行線ベースで見ると来週前半にまたポイントが来ます。


私は昨日の朝に17円越えたのを確認した時点でロングしたのですが、今の所順調です。
臆病者なので上値はあまり追いかけたくない主義なんですが、ドキドキしながらついていこうと思っています。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 18:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月20日

ドルランドは週足で見ると今週は良いタイミング

皆様こんばんは。

まずは愛情(同情?)のポチから行きませう(笑)→人気ブログランキング

今日はドルランドの週足での考察を述べたいと思います。

今週もまたまた注目のタイミングになっています。

usdzar070220week.JPG

まず水色の囲み部分の通り、日々線のボトムに丁度遅行線が来ております。
というかもうぶつかっちゃってます。

これが相場の転換、延長を表すのは以前申し上げた通りですね。


さらに、三尊の可能性を考えてしまうのですが、今週は右肩と左肩の日柄数が同じタイミングとなっています。


さらにさらに、日々線が先行スパンにぶつかっています。
これも26という基本数値の凄さを実感するものですね。



これ、今週動かないでどうするんだい?っていうくらいタイミングが必然的に重なっていますね。

それで放たれた方向にさらに6週間の動きが予測できますね。
(次の日々線と遅行線の天底の関係)
上がった場合は転換、下がった場合は延長、というわけです。


どうしてもドルランドを下落方向に見たくなる気持ちはわかります。
(わたしもそう見たくなりますんで・・・)

でもまだまだ明日までは分かりませんよ〜
明日と明後日は南アメリカの指標が出ますので思い込みは要注意ですね。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 23:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年02月18日

ランド円-週足での考察

皆様こんばんは。

ところで私の今日の順位は何位でしょう(笑)→人気ブログランキング

dさんのブログは見ていただけましたでしょうか?
私のブログが難しいと感じてらっしゃる方には、もっと難しいかもしれませんね。
でも理解できれば、きっと皆様の力になると確信しています。
これです→FX!ポンドルって思ったよりカタインジャナイ!?


では、来週のランド円相場を予測してまいりましょう〜

今日は週足で考えて見ますね。

zarjpy070218week.JPG

過去4週間転換線を割ることのなかったロウソク足が、先週末に下抜けてNYクローズしております。
まずこれがチェックポイントですね。


次に基準線ですが、現在水平です。
これは過去26週の下げの力が中立に戻ったということですので、今の値位置から見ますと、このまま上昇すればいずれ上昇に転じることは間違いないですよね。

そうなった場合に基準線を見るならば、相場には上昇の力が徐々にかかり始めていると理解できるとは思いますが、仮に下落した場合はもう少し方向感のない動きをすると思います。

丁度14.74〜17.34の仲値に基準線が位置していますので基準線を押しの限界(しかもちょうど半値押し)として動けば、上昇の力がいずれ勝つでしょうね。
これも良いポイントと思います。


最後に大事な遅行線ですが、水色の丸のとおり、
現在日々線のトップと重なっており、転換あるいは延長のポイントとなっています。

仮に下落したとして、次の日々線のボトムまで7週あります。
緑線の上昇1波動目14週に対して、現在2波動目としまして、これに7週加えると、あらビックリ、対等数値としてワークしてきますね。

転換線を終値で割ったことを考えると、調整の2波目に突入する合図なのかもしれません。

目処として、仲値でもあり基準線の位置でもある16円Lowを目標にしていきたいと思います。

最近の円高に乗って、4月に向けて良い買い場が訪れるのか注目したいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!
全員押したらスゴイことになっちゃいます凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 23:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | ZARJPY

オススメ為替ブログ

皆様こんにちは。

まったりとした日曜日、のんびり過ごしておりますでしょうか?



さて本日は、度々記事のなかに「友人」が登場してましたが、

その方のブログがついに完成しましたのでご紹介させていただきます。

私のイチオシの方ですので、是非訪問してみてくださいね。


FX!ポンドルって思ったよりカタインジャナイ!?


「dさん」という方なんですが、私よりもずっと投資経験が長く、一目均衡表を真摯に研究し続けている方です。

私も多くのことを個人的にdさんから教えて頂いております。

世間一般の一目均衡表のサインと言われているものだけでは、相場に勝てないのは周知の事実ですが、そのような言わずと知れた情報ではなく、均衡表の罫線としてのより深い洞察を含む、非常に有益な記事を書いてらっしゃいます。

一目均衡表とこれから付き合っていこうと考えてらっしゃる方にとっては、非常に参考になるブログであることは間違いありません。

是非ご覧になってみて下さい!
本当にオススメです!

↓↓↓

FX!ポンドルって思ったよりカタインジャナイ!?

トップページへ戻る
posted by momotama at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | OTHER

ランド円はもしかして来週下落するのでは・・・?

皆様こんばんは。

週末のこんな夜更けに起きてる人は少ないでしょうかね・・・
ちょっと頭が冴えてたもんで、記事を書いてみました(汗)
(冴えても脳みその回転数には限界があるのが辛い・・・)

今日は遅行線がメインのお話です。

先日は謎かけのような質問を残してしまいましたが、お分かりになりましたでしょうか?
あとでちゃんとタネ明かししますね。

私も均衡表を勉強するにつれて、仲値の重要性、罫線の奥深さを知り、驚きと悩みの日々を過ごしております。

最近思うのは、「三役好転」など世間一般に広く知られた判別法(法則?)にこだわると、もっと重要な均衡表のサインを見失うのではないかということです。罫線の本質はもっと見えない部分で作用しているのだろうと考えるようになってきました。

細田哲生さんが、均衡表を手書きで作成してみるのを推奨されているのはまさにこれを体感するためじゃないか?と思っております。

私もまだ手書きの均衡表を作ったことないので、納得の行く答えは得られてませんが、その考えを取り入れた戯言分析をちょこっと述べさせていただきますね。

zarjpy070217day.JPG

まず先週の安値16.46は直近の安値16.49を下回るものであったので、小勢波動での下落波動転換を匂わせる動きです。

よって黄色の線のような動きを想定できます。



次に遅行線の位置ですが、遅行線が現在ぶつかっている上昇波動の直前の波動(オレンジの線)の仲値は16.70です。
そして遅行線の値位置は16.62です。
ほぼ仲値に絡んでいますよね?


これは一体なにを意味するのでしょうか・・・?





さらに遅行線と日々線の関係を見てみましょう。

あ、でもその前にここで先日のドル円の画像のタネ明かしが少し必要になります。
これは、友人に気づかされたことなんですが・・・

よ〜く、チャートを見て頂きたいんですが、
日々線の天底の位置に遅行線が来た時に波動の反転、または延長が見られることが多いように思いませんか?
終値線の方が見やすいのでそうしてあります。

(※先行スパンと転換線も重要なんですが、長くなるので今日は書きません)

簡潔に書きますと、
これは基本数値26が強く相場に作用していることと、もみあいからの放れのタイミングを示唆しているようなんです。
(うまく説明できなくてスミマセン)

で、話をもとに戻しまして、結論を申し上げますと、
現在のランド円の日足の遅行線は仲値(相場の中心)からの放れが起きやすいタイミングに位置しているということなんです。

繰り返しますが、これは、反転あるいは延長を示唆します。



以上の二つの点、@波動の転換とA放れのタイミングを考えますと下落することを覚悟しなければならないような気がしてきます。


考える順番としては、遅行線と仲値の関係により、放れの近いことを知る。
そして次にロウソク足の波動の関係を見る。
ゆえに方向性を予測するってわけです。

放たれた後の値幅は、そう、計算値で出てきますね。

説明が下手な上にちょっと難しい理屈なんで、分かりにくいとは思いますが、ご容赦頂ければと思います。
何度か読み返して頂いて、文中から意図を汲みとって頂ければ幸いです。
もちろん矛盾点がございましたら何なりとお申し付け下さいませ。

この遅行線を利用した仲値からの放れは、N波動で言う1、3波動目よりも2波動目などの中間波動での転換のタイミングを計るのに非常に有効な手段だと思っています。
また半値戻し、半値押しのとらえ方、これも重要ですね。

う〜ん、説明が難しい・・・

ランド円の週足でもこれを利用できますので、次回取り上げたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月15日

ランド円の放れは来週に持ち越しか?

皆様こんばんは。

ランド円は非常に難解な動きをしてますね。

がっかりです。

やはりまだもみあい中なんでしょうね。


日足での仲値16.70←週足の転換線でもあります。
週足での仲値17.25


となってますが、日足の仲値にからみっぱなしですね。

よほど居心地が良いのでしょう。



日足の雲のネジレは来週の21日ですので、それまで難解な相場が続くのかもしれませんね。

その前後一日から注意してみていきたいとおもいます。



週足では、転換線と雲の下限に挟まれて、ロウソク足の実態が狭くなってきてる様子が見て取れますね。

日足でも直近の高値、安値を更新することなく値幅が狭くなってる様子が見て取れます。



最近、日々線が遅行線に与える影響について友人に教わりながら研究してるんですが、
26カウント前の波動の転換ポイントは遅行線に何らかの影響を与えるということがなんとなく掴めてきたような気がしています。
すなわち変化日の考え方にも影響してきます。

そもそももみあいからの放れの方向って、思い込みで決め付けるのではなく、放れた方向に素直についていくべきものですよね。

その良いサンプルのような動きがまもなく来そうな気がしております。
ホントはもう来てもよいと思ってるんですがなかなか来ませんねぇ〜

放れが近いのは間違いないと思っておりますが、どっちに行くとは断言できません。

仮に下落したとして、16円程度の下落は見込めますので、そこを目指して拾っていけば良いのかなとも思っています。



さっきの日々線と遅行線の関係のタネ明かしはもう少し考えがまとまったら公開したいと思います。

ヒントはこれです↓
WS000000.JPG
ピンときたあなたは凄い!
そしたらコッソリ教えてくださいね(笑)


いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月12日

ランド円-週足でのもみあい放れも近い?

皆様こんばんは。

G7明けの相場は何やら怪しげな動きをしておりますが、

我らのランドはどうでしょうねぇ〜

17円トライして今落ち着いております。

では今日は週足から考えてみます。

zarjpy070212week.JPG

週足で見た時のもみあいの仲値は17.25になっています。

(仲値は過去の高値と安値の中間値です。)

これに最初に実態が絡んだロウソク足を基準にカウントしていきます。

そうしますと、2006年の5月の陰線が起点になります。

ここから32週カウント(ほぼ一期一節)で仲値に絡む高値を先月につけました。

また、月足で見ますと2006年4月の高値から10月カウントで先月の高値となっています。


つまり、週足、月足共に、相場水準が中立に戻ったことを理解できます。

ということはここからどちらかに放たれたほうに大きく動くということが明確になってきますね。



ではまた週足に話を戻しまして、先月の高値から8週カウント目が来週にあたります。

週足では8〜9週周期というのがよく見られますので、注意したいところです。

昨日の記事とリンクしてきますが、来週は日足の雲のネジレがあります。

相場の変化が起こりやすいといわれていますが、このタイミングで仲値に絡む動きを見せるのか注目したいと思います。


イベントが終わって相場が動意づく今週〜来週にかけての動きは非常に難しいものになりそうな気がしますが、今年前半のトレンドはここで決まるのかもしれません。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月11日

ランド円-日足での遅行線は上昇軌道を確保か?

皆様こんばんは。

G7明けの円の動きが非常に気になる夜ですね〜。
窓を開けちゃうかも〜なんて期待してる方もいらっしゃると思いますが、期待を胸に祭日の明日はFXざんまいだ!という方もいらっしゃるかと思います。
明日は早起きになりそうな感じでしょうか。


言い訳くさいですが、最近仕事疲れでしょうか、文章に張りがなかったような気がしまして、ちょっと気合を入れなおしました。
そういうのって読者の方に伝わるってのを改めて感じまして反省した次第です。うんうん。

でも連続出張って精神衛生上良くないですね。
年明けからかれこれ1ヶ月以上関東出張してましたが、
私はだんだん気持ちがドヨ〜ンとしてきましたねぇ〜。
単身赴任されている方々はもっと大変なんだろうな〜とつくづく思います。
出張してる夫を持つ主婦トレーダーの皆様、ダンナ様には優しくしてあげてくださいね。
トンボ帰りでも家庭でのグダグダしたひと時は短い時間でも大事な時間なんですから。


来週もがんばっていくど〜!

・・・というわけでランド円の動向を予測してみたいと思います。

zarjpy070211day.JPG

まず、先日の記事で述べた基本数値によるもみあいからの放れはぴったりなタイミングとなりました。

今後はピンクの小勢N波動としての目標値を追いかけて行く事となりますが、既に決まった2波動は9日+7日で計15日とカウントできますので、対等数値から考える3波動目の目標は2/19(月)となります。

目標値は前の記事で書いた通り、17円ミドルとなります。

ここで重要なのは、1波動の高値17.18を越えることです。

これを越えないと遅行線も日々線に衝突することになってしまいます。

あと気になることは、時間的制約から見ますと、2/19まで17円Midまで上昇するというのは無理があるように思います。
しかも2/21には雲のネジレがあるんです。

3波動目が17.34を越えてくれれば中期波動転換確定となり、
その後の下落は押し目と判断できそうなんですが、
ちょうど失速してネジレのタイミングで高値をつけてしまう可能性もあるんですね。
その高値にもよりますが、三角保ちあいのブレイクが確定してませんので、そのキッカケになる可能性も十分考えられます。

というわけで今週は、G7の結果による円売りってのもあるとは思いますが、どこまで値を伸ばせるのかに今後の動きがかかっているような気がしております。


次回は週足での仲値の考察について触れたいと思います。



追伸:本日愛妻が「掃除力」という本を買いまして、家の物のあらゆるものに話かけております。「あなたはどこにいるべき物なのぉ?」と自問自答してます・・・。深夜に分別が始まりそうでビクビクしております・・・なんかこの本読むと片付けたくなるらしいです。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by wj at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月08日

ランド円-上離れか?

昨日述べた通り、動きがありましたね。
個人的には落ちるかと思ってましたが、上がってます^^;

それで、昨日のチャートを見ながら書いていきますが、

まずG点を起点にして、小勢3波動の可能性を考えて見ます。

そうしますと、

16.49-16.90-16.52
V計算値 17.28
N計算値 16.93
E計算値 17.31
NT計算値16.55

となりますが、小勢波動はN値を取ることが多いように思いますので、H点(17.18)は越えられないかもしれません。

その場合は再度もみあいという判断になってしまいますが、
17円台に載せてきた場合は、H点を越えると思われますので、
CDGの2波動からのN波動目標値が出てきます。

16.06-17.18-16.49
V計算値 17.87
N計算値 17.61
E計算値 18.30
NT計算値16.92

余裕でB点(17.34)を越えるような気がしてきますね。

さて時間論で考えますと、CDGは15日間ですので、3波動目も15日とすると、2/19になります。17日ですと2/21です。

ちょうど雲のネジレに差し掛かることになります。

タイミングとしては丁度いいような気がします。


まずは17円を越えてH点を越えること、これを注視していきたいと思います。


追伸

でも、まだNY時間が残ってますので、気は抜けませんよ〜
ひっくり返されるかもしれませんし。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月07日

ランド円-今週末は濃い?

最近のランド円は他の通貨の乱高下にも影響されずもみあいが続いており、非常に読みづらい状況が続いていて、悩んでいます。

過去の記事でも今月第3週〜4週は注目と書いていましたが、注意すべきポイントが近づいてきたようですので、改めて書きたいと思います。

zarjpy070207day.JPG

分かりづらくて申し訳ないのですが、

ピンクの線は中勢波動
黄色と水色は小勢波動
緑色は仲値による波動

にそれぞれ分けてみました。

では小さい波動から見ていきます。

○水色の波動

DGHの2波動を10日
3波動目を10日とすると2/14

17.18−16.49−16.90
V計算値 16.08
N計算値 16.21
E計算値 15.80
NT計算値16.62


○黄色の波動

BCDの2波動14日
3波動目を14日とすると2/8←おかしいですね

つまり明日で下落の力は時間切れとみなせるのかも?
念のため計算値は・・・↓

17.34−16.06−17.18
V計算値 14.94
N計算値 15.90
E計算値 14.78
NT計算値17.02


○ピンクの波動

ABが65日
BCが33日とすると、2/16、26日だと本日。

E点が押しの限界として決まれば今年は安泰?


○緑の仲値の波動

BとCの仲値は16.70です。
仲値をつけた初日から数えると基本数値に当てはまっており、
明日の8日は注目の日と言えます。


つまり明日以降、どちらに放たれるのかで今後の行方が見えてくるような気がします。

下落した場合は、G点を下回ることが条件で、少なくとも雲のネジレの21日までの下落は見込めることになります。
目標値は15.80〜90

ちなみにフィボでは、
14.74−17.34
23.6%押し16.73
38.2%押し16.35
50.0%押し16.04
61.8%押し15.73
76.4%押し15.35


上昇した場合はH点を越えることが条件ですが、そうするとD点を狙う動きになり、CDGを2波動とする上昇N波動として考えることになってきます。
そうしますと早々とランド円に安泰の時期が訪れることになるのかもしれません。

G7を控えた今週末は注目していきましょう!

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | ZARJPY
2007年02月05日

ランド円-均衡が崩れるのはもうすぐ?

本当に判断に苦しむ相場が続いていますね。

記事を書くのも悩みます(笑)


今日はいつもと変わった視点から考えて見ます。

といってもご存知の方も多いと思いますが、知らない方のために。


「遅行線」ってNYクローズの線って知ってましたでしょうか?

遅行線は終値を26日さかのぼって記入した線なんです。

つまりは、NYクローズベースで相場を見たい場合は遅行線を見れば一発解決なんですね。

知らない方にとっては、おぉ〜っ!って感じだと思います。

私がそうでしたから・・・

おお〜っ!って思ったひと〜 → はいポチお願いします(笑)


皆さんのチャートで週足の均衡表を見てみてください。

遅行線が上値を切り上げてきてませんか?

そう、もみあいながらも、堅調に上昇してるんですよね。


日足では小勢波動で転換、転換してもみあっている様子が続いています。

週末のG7など均衡が崩れるタイミングになりそうなネタはこれから沢山あります。

遅行線をうまく活用する、これが最近の私の課題でもあります。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY

細田哲生さんにお会いしました

実は先日、細田先生にお会いすることができました。
(以下、親しみを込めまして「細田さん」と書かせて頂きます)

私の出張とタイミングが合いまして、お忙しい中お誘い頂きまして本当に光栄でした。

お知り合いになれたきっかけは、某コミュニティサイトを通してです。


今回は3時間ほど一緒に食事をさせていただくことができました。

具体的に何を話したのかは、細田さんの立場を考えまして、ここに書くのは控えさせて頂きますが、そのエッセンスを取り入れて、このブログの内容の一層の充実を図っていこうと、気持ちを新たにできました。


実は、私個人として、細田さんのブログなどをよく拝見しているのですが、
文面だけから受ける印象として、固いイメージを持っていました。
同じように感じてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
(失礼な話でスミマセン)
現に実際に待ち合わせの時も、会社の面接以来の緊張がありました。


で、実際に会ってみたときの印象はというと、全く逆でした。


本当に気さくな方で、人の話を良く聞いて下さる方で、同席されていたメルマガ編集者の方含め、
私の下手クソな質問にも丁寧に答えて下さいました。
細田さんは子供を愛するごく普通のお父さんでした。

ただ、申し訳なく思っているのは、私の足りない脳ミソで、お二人の説明を十分理解しきれなかったことです(泣)

あと、インターネットゆえに顔が見えず、文面などからのみの先入観を持ってしまうのは良くないな〜と改めて反省しました。

是非またご一緒できればと思っています。


で、何が言いたいのかと言いますと・・・



一目均衡表は非常に奥が深く、簡単にマスターできるものではありません。
生涯付き合っていくものだと考えています。
でも詳しい人が回りにいない方のほうが圧倒的に多いと思います。

それが、ブログのコメント欄を使えば、直接質問する機会が皆さん共通にあるんです。

細田さんも読者からの質問は大歓迎だそうです。

均衡表の勉強をしていくと必ず誰しも壁にブチ当たることがあると思います。
そんな時に、掲示板で質問するのもいいですが、一目山人翁を良く知っている方に聞くのが一番の近道なのではないでしょうか?

きっと親切に答えてくださることと確信しています。

でも質問は、ちゃんと自分なりに考えてからしましょうね。

細田さんのブログです→一目均衡表日記


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | OTHER
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。