【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2008年05月10日

来週はクロス円戻り売り、その他注目ペア

久しぶりの更新となってしまいました。

私事で大変恐縮ですが、ブログなので書きたいこと書きます^^;
どうぞご理解頂ければと思います。
実は3月一杯で会社を退職し、フリーランスとして生きることにしたわけなのですが、
職安通い、前会社の仕事の手伝い、家族の用事(農作業他)などめまぐるしく時間が過ぎておりまして、
なんか全然辞めた実感が無く日々過ごしています。
せっかく再開したブログも全く手付かずの状態となっておりました。

それに加えてFXもトレード手法が大きく変わりまして、
以前は仕事が忙しく、ほったらかしトレードだったのが、
初めて(と言っても過言ではない)相場と真剣に向き合う
デイトレにチャレンジすることとなりました。

今までは、一目均衡表の3大骨子を使いチャートポイントを見極めておりましたが、
この度本格的に罫線を使って勉強することとなりました。
名古屋の友人の親身なアドバイスもあって、少しずつですが成果が出てきています。
きっちり損ギリすることも出来始め、リスクコントロールも慣れてきました。

で、思ったのですが、
今までは、一定の通貨ペアにこだわって分析しトレードしてきましたが、
デイトレの場合は、今この瞬間オイシイ通貨ペアを探したほうがいいという結論に達しました。
(とても気づくのが遅いですが)

モミアイや相場の節目など、むずかしい相場をうまく取ることは無理なので、
転換点を見極めて、それに飛び乗る方が簡単だからです。
(いままでかなり往復ビンタを食らいました。)
その重要性に1ヶ月ほど毎日悩みながら考えた結果たどり着きました。

画面に一日中集中しているとかなり疲れますが、
収益は前職をはるかに上回るパフォーマンスを見せています。

というわけで今後は、ランド円のブログながら、
私が今注目して、実際にポジションを立てる通貨ペアをメインにお送りしようと思います。

一目均衡表の時間分析ももちろんやりますが、
罫線を使った分析が多くなると思いますので宜しくお願いします。

どうしてもランド円の分析が見たいという方はメールください。
時間を見てやってみますので。



前置きが超長くなってしまいましたが、本題に入ります。
来週の注目通貨ペアです。


【ユーロ円 1時間足 一目均衡表】


080510eurjpy1h.JPG

金曜日は売って売って売りまくった方も多いのではないでしょうか?
私もその一人なのですが、日足のサポートを下抜けて以来、
おもしろいように下落を続けています。

ユーロ円は3/20〜4/23の波動の50%戻しのところに、4/14の安値158.24があるために、大きなチャートポイントとなっております。
ここを一発で抜けることは考えにくかったのですが、その通り手前で反発して戻した形でNYを引けました。

チャートは1h足ですが、下降トレンドラインを抜けた形でNYクローズしましたので、来週前半は上昇することが考えられます。

しかし、ドル円、ポンド円は1h足で見たときにまだ上抜けてませんので、この3通貨の上抜けを確認してからロングでも遅くないと思います。

一度上抜ければ、そのトレンドラインはサポートになりますので、
仮に下落してきても、そこでロングナンピンして、下抜けたらドテンショート倍返しでOKと思います。

一つ注意すべきなのは、ポンド円が日足の雲の下限及び週足の転換線にサポートされて引けましたので、来週は結構戻すかもしれません。
203円くらいまで。
いつショートしてもいい体勢で、そこまでロングで追いかけるのも
いいかもしれません。
204円越えたら下落基調は一気にシラけて、もとの上昇に戻ることになります。




【ポンドドル 週足 一目均衡表】


080510gbpjpyweekly.JPG

週足のサポートを下抜けてNY引けています。
金曜日は調整の上げでNYクローズしましたが、1.96をしっかり
越えてこないうちはポンド死亡決定と思っています。
一番最有力候補と思っていたポンドが早々と戦線離脱してしまって残念ですが、この下落も次のサポートまで500pips程度は見込めると思います。
最後の大きなトレンドラインは月足レベルのトレンドラインですので
ここまで行けば文句なしロングでスキャルし放題でしょう。
とりあえず来週はショートです。

ちなみにチャート載せてませんが、ユーロドルもいいところで反転しています。
日足の雲の下限に、割れちゃいけないサポートラインが重なってまして、うまくサポートされた感じです。
4hのダウントレンドラインを上抜けてNY引けましたので、
来週は雲に沿って上昇するかの確認をしながらロングでいけそうです。




【ドルカナダ 日足 一目均衡表】



080510usdcaddaily.JPG

まだ手出しはしませんが、ここ2週間以内にどちらかに抜けるでしょう。おいしい予備軍です。




【オージードル 日足 一目均衡表】



080510audusddaily.JPG

今一番注目しているのがこのペアです。
来週結果が出そうですね。
月足で見てもずっと上昇基調ですのでユーロドルのように
割れたときのインパクトは強いでしょう。期待です。




面白かったらポチお願いします↓


応援クリックご協力お願いしま〜す!


posted by momotama at 13:16 | SPECIAL REPORT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。