【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2008年07月18日

ドル円一目均衡表分析〜今は様子見が一番?〜

おはようございます。

ドル円は、下がったと思えば、また上がり、一体どうなってんの?といわんばかりの動きで、大変振り回されますね。

結局、一目均衡表の日足の下限で反発という形になっており、一発で転換線をブチ抜き、現状は基準線に絡んでおります。


ユーロ円やポンド円などを見ると、ほぼ直近高値まで戻しておりまして、ショート派(私含む)にとってはKOパンチを食らったかのような凄まじい戻りの動きでした。
ポンド円なんか二日間で高低差560psの幅がありますから・・・。

ランド円も瞬間高値を更新しました。ついに14円台に載せてきました。



ただ、移動平均線を見ている方はご存知かとは思いますが、

ドル円は、89日移動平均線にハネ返されたものの、現状では21日移動平均線を抜けておらず、昨日の足の高値も200日移動平均線にブロックされた形となっています。

言うなれば、「身動きが取れない状況」。
今後、難しいレンジに突入する可能性があります。




さて、今週はずっとこの金曜日に注目していたわけなのですが、それはなぜなのかと言うと、なぜか、ずっと書くの忘れてたのですが、


今日は満月なんです!


正確に言うと、日本時間の午前中がきれいな満月です。

今この瞬間です。

つまり、今晩は満月は過ぎ去った状態。

で、我々が一番きれいな満月に近い状態を見ていたのが、
昨日の夜だったんですね。

だから、木曜日とも言うことが出来たんです。


「満月」は、満月に近づいていく時が、一番人間に与える影響力が強いので、昨晩の動きはまさにそれを表したものだったんですね。

東京、ロンドンと上昇して、まさかNYまでも上げるとは思ってませんでしたから。



では、今日のチャートを見てみましょう。


【ドル円 日足 一目均衡表 時間論分析】


080718usdjpydaily.JPG

昨日の足で戻り高値をつけて上ヒゲが出ているのが確認できるかと思います。

そして、24−24の対等数値が確認できると思います。

先日の記事では、26−25で、今日を注目していたわけなのですが、

満月のタイミングを考えると、今朝5時につけた戻り高値は、

満月のベストタイミングであったといえるでしょう。




ですので、S&P500やダウジョーンズを見ていると、

来週はドル高になりそうな気もしますが、対円での通貨ペアはモミアイ

でこの高値を突破しない限り、下落の可能性大と思います。




来週は、ドル高、円高傾向になるのかな、という気がしています。

ドル円は、104円を抜ければ102.50が視野に入りますし、
108円に再度載せてきたら、まだ円高はしばらく先送りになると思います。

今日はもしかしたら、そんなに動かないのかもしれません。

今週は散々動きましたからね。
ポジション調整で終わりかもしれません。




【お知らせ】

ブログのデザインを変更しました。

以前から、ランド円、クロスランド、月の動き、原油、金のチャートをブログの上部に載せておりましたが、大変重く、ブログの表示に時間がかかりすぎていました。

この度、新しい簡易的なサイトを作りまして、そちらに重いものは全て移動させました。
これでやっとブログが軽くなりました。

新しいサイトの表示までの時間を計ってみましたが、ブログよりは速く表示されているような気がします。

ランド円の取引をされているかたは、是非お使い下さい。

これも欲しいなという要望があれば取り入れたいと思いますので、
是非教えて頂ければうれしく思います。

ブログの左上の水色のバナーが入口になります。

FX南アフリカランド円に関する情報サイト
↑こちらからも見れます。


では今日はこの辺で。

良い週末を。


面白かったらポチお願いします↓


応援クリックご協力お願いしま〜す!




posted by momotama at 11:03 | SPECIAL REPORT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。