【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2006年10月22日

特別記事−ユーロドル

皆様こんばんは猫

来週からのドルの動向を探るのに、
今日はユーロドルの動きを考えてみようと思います。

ではまず週足からです。

eurusdweek.JPG

時間論的にはニュートラルですね。

波動論的には、大きな下げ波動に繋がりそうな気配がします。

間近高値の1.2937を越えられなければ、
1.2458を下回るような下げに繋がりそうです。

そうなれば以前のボトム1.1639を狙っていくと思います。

この場合、1.3479−1.1639−1.2979
V計算値 1.0299
N計算値 1.1139
E計算値 0.9799


が視野に入ってきます。

ここで注目なのが各指標です→チャート
次の基本数値の週までに、雲がクロスします。
遅行線も日々線に衝突しています。

これから非常に重要な時期に入ることが分かりますね。



では次に日足チャートです。

eurusdday.jpg

時間論的には、基本数値の目処として、
10/25や11/6が考えられます。

波動論的には、現在は下げN波動進行中と言えます。

上記の日を目標に、1.2764を上回るような上昇を見せなければ、
波動の転換は難しいということになります。

失敗しますと、1.2482を下回る下落を予測することになります。

その場合は追撃売りとなり、1.2764−1.2482 
E計算値1.2200が視野に入ります。

ここで指標をみてみます。→チャート

雲の下限が1.2695にあります。
また遅行線も日々線に跳ね返されそうな微妙な位置にあります。


月足では皆様よくご存知のH&Sになりそうな気配がしております。

今年はドルの方に軍配が上がるような気がしております。

楽しんで頂けましたら、本日も応援クリックお願いいたしますね凸ポチポチッ!
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | SPECIAL REPORT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。