【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年02月05日

細田哲生さんにお会いしました

実は先日、細田先生にお会いすることができました。
(以下、親しみを込めまして「細田さん」と書かせて頂きます)

私の出張とタイミングが合いまして、お忙しい中お誘い頂きまして本当に光栄でした。

お知り合いになれたきっかけは、某コミュニティサイトを通してです。


今回は3時間ほど一緒に食事をさせていただくことができました。

具体的に何を話したのかは、細田さんの立場を考えまして、ここに書くのは控えさせて頂きますが、そのエッセンスを取り入れて、このブログの内容の一層の充実を図っていこうと、気持ちを新たにできました。


実は、私個人として、細田さんのブログなどをよく拝見しているのですが、
文面だけから受ける印象として、固いイメージを持っていました。
同じように感じてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
(失礼な話でスミマセン)
現に実際に待ち合わせの時も、会社の面接以来の緊張がありました。


で、実際に会ってみたときの印象はというと、全く逆でした。


本当に気さくな方で、人の話を良く聞いて下さる方で、同席されていたメルマガ編集者の方含め、
私の下手クソな質問にも丁寧に答えて下さいました。
細田さんは子供を愛するごく普通のお父さんでした。

ただ、申し訳なく思っているのは、私の足りない脳ミソで、お二人の説明を十分理解しきれなかったことです(泣)

あと、インターネットゆえに顔が見えず、文面などからのみの先入観を持ってしまうのは良くないな〜と改めて反省しました。

是非またご一緒できればと思っています。


で、何が言いたいのかと言いますと・・・



一目均衡表は非常に奥が深く、簡単にマスターできるものではありません。
生涯付き合っていくものだと考えています。
でも詳しい人が回りにいない方のほうが圧倒的に多いと思います。

それが、ブログのコメント欄を使えば、直接質問する機会が皆さん共通にあるんです。

細田さんも読者からの質問は大歓迎だそうです。

均衡表の勉強をしていくと必ず誰しも壁にブチ当たることがあると思います。
そんな時に、掲示板で質問するのもいいですが、一目山人翁を良く知っている方に聞くのが一番の近道なのではないでしょうか?

きっと親切に答えてくださることと確信しています。

でも質問は、ちゃんと自分なりに考えてからしましょうね。

細田さんのブログです→一目均衡表日記


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | OTHER
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。