【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年02月15日

ランド円の放れは来週に持ち越しか?

皆様こんばんは。

ランド円は非常に難解な動きをしてますね。

がっかりです。

やはりまだもみあい中なんでしょうね。


日足での仲値16.70←週足の転換線でもあります。
週足での仲値17.25


となってますが、日足の仲値にからみっぱなしですね。

よほど居心地が良いのでしょう。



日足の雲のネジレは来週の21日ですので、それまで難解な相場が続くのかもしれませんね。

その前後一日から注意してみていきたいとおもいます。



週足では、転換線と雲の下限に挟まれて、ロウソク足の実態が狭くなってきてる様子が見て取れますね。

日足でも直近の高値、安値を更新することなく値幅が狭くなってる様子が見て取れます。



最近、日々線が遅行線に与える影響について友人に教わりながら研究してるんですが、
26カウント前の波動の転換ポイントは遅行線に何らかの影響を与えるということがなんとなく掴めてきたような気がしています。
すなわち変化日の考え方にも影響してきます。

そもそももみあいからの放れの方向って、思い込みで決め付けるのではなく、放れた方向に素直についていくべきものですよね。

その良いサンプルのような動きがまもなく来そうな気がしております。
ホントはもう来てもよいと思ってるんですがなかなか来ませんねぇ〜

放れが近いのは間違いないと思っておりますが、どっちに行くとは断言できません。

仮に下落したとして、16円程度の下落は見込めますので、そこを目指して拾っていけば良いのかなとも思っています。



さっきの日々線と遅行線の関係のタネ明かしはもう少し考えがまとまったら公開したいと思います。

ヒントはこれです↓
WS000000.JPG
ピンときたあなたは凄い!
そしたらコッソリ教えてくださいね(笑)


いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ZARJPY
この記事へのコメント
こんばんわ〜
相関をエクセルせ計算してポートフォリオを組むのは素人にはなかなか
難しいですよね。
相関を計算して為替変動をおさえれば
スワップを安定してもらえますもんね。
私はこのツールを使ってます。
http://www.infocart.jp/af.php?af=10301229&url=portfolio.foraclex.com&item=9028
Posted by ryou at 2007年02月16日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33759292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。