【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年03月03日

特別記事-ユーロ円月足

皆様こんにちは。

週末はちょっと思考を変えてクロス円の動向を見てみたいと思います。

今日はユーロ円です。

月足でカウントしてみました。

ユーロ円の月足

どうでしょうか?

V波動を101カウントでとる対等数値といい、各波動が全部基本数値通りであることいい、すごいと思いませんか?


ビックリした方→ポチお願いします(人気ブログランキング)


実はドル円でも同じような現象が起きています。

これはdさんのブログで扱われていますのでそちらからご覧ください。

dさんの記事へ(ドル円月足)


話をもどしまして、このユーロ円、直近天井の159.63を越えないと上昇波動継続になりませんので、見事に大天井打ちとなります。

共に週足の均衡表を見て頂ければ分かりますが、遅行線の反転のタイミングを見ても26という数字が見事にワークしています。


ちょっと我らのランド円もやばいような気がしてきました。
連れ安になる可能性は十分ありそうです(汗)
時間があればポンド円も載せたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜



追記:あとで読み返しましたら「売りまくれ〜」みたいな勢いで書いちゃってましたので補足します。
確かに一気に相場がひっくり返ったのは事実なんですが、今月の月足は始まったばかりであって、ファンダ的には円安との見方が大勢をしめているように思います。
それでただの急激な調整だった可能性も否定することはできず、波動が延長になる可能性も考えられます。
それで闇雲に「売りまくる」のではなく、ストップをきっちり設けたトレードスタイルを徹底するようにお勧めしたいと思います。
では後でポンド円の月足です。



トップページへ戻る
posted by momotama at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | SPECIAL REPORT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35130131

この記事へのトラックバック

改めて南緒式ワンデイトレードレビューです★
Excerpt: 【オススメめるまが】勝ち組トレーダーのまねっこエントリーだったら勝てるんじゃない!? 月初めの今がチャンス!!!一ヶ月タダで購読できちゃいますよ!! ★FX 外国為替投資法★ ●為替..
Weblog: ★☆★脱サラ女SarahのFX日記★☆★what a wonderful FX life
Tracked: 2007-03-03 21:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。