【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2008年03月30日

ドル円(4h足)密かなる周期

皆様こんにちは^^

今日はさぶいですねぇ・・・

なんのこれしき!と外に出たのはいいものの、

強気に庭いじりしてたら、鼻水垂れてきて降参しました^^;



さて、微妙な値位置で終わった今週の相場ですが、

来週からの動向が気になるので、ひとまずポイントをお知らせしたいと思います。

今日はドル円の4h一目均衡表チャートです。

私は4hチャートではあまり詳しい時間分析はせず、

マス目の数を見ながら簡単な時間カウントの追いかけはやるのですが、

今回の4hチャートは、結構キレイな周期を見せていますので、

ご紹介したいなと思って、急遽記事を変更してお届けしております。



それではチャートを見てみましょう。

【ドル円 4時間足 一目均衡表 時間論分析】


080330usdjpy4hchart.jpg

まず1本目の12カウント

2本目が先行スパンにタッチするタイミングまでの14カウント

次に先行スパンから離れて、トップまでが13カウント

そしてボトムまでが13カウント

最後に、現状の足までが12カウントとなっております。





実は、私が記入した所よりも、以前の部分も見ていくと、

過去の部分も見事に13カウント周期で来ています。




ですので、明日のオセアニア〜東京タイムは、注目の足になりそうですね。




あと、ピンクのトレンドラインは微妙に割ってますが、

遅行線ベースでトレンドラインを引いてみると、まだ割ってないんです。

だから思い込みは禁物ってところですね。




明日、早起きなさる方、がんばってください!



面白かったらポチお願いします↓


応援クリックご協力お願いしま〜す!
posted by momotama at 18:17 | SPECIAL REPORT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。