【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2008年04月20日

ドル円(日足)の絶妙な終値

皆様こんにちは。

先週のドル円の動きは凄かったですね。

私はドル円がグングン上がっていく中、ユロドルとポンドルで

攻めまくっておりまして、ドル円は伸びきったところでショートの

スキャルをした程度でした。



で、私の相場感は下落でしたので、

外れたということになるのですが、

中期的に見てまた微妙な位置で終わりましたね。


チャートを見てみましょう。

【ドル円 日足 一目均衡表】


080420usdjpydaily.jpg

先週の終値ですが、114.77から95.77までの下落の61.8%戻しでピッタリ引けています。

先行スパンもキッチリ抜けたわけではないのです。

また、マーフィーさんが仰るように、日足で見たときに、ほぼ対等数値で高値をつけたと見ることも出来ます。

月曜日の動きにも依りますが、ドル円ショートも面白いかもしれません。


ま、でも普通に考えて、106〜107への上昇は覚悟しなければならないはずです。

124.13から95.77への下落の38.2%戻しの位置も106ミドル付近に位置します。


仮に更なる上昇を見た場合は、ドル円は週足のシナリオを変更する必要がありますので、経過を見てまた更新していきたいと思います。


では、今日はこの辺で。


面白かったらポチお願いします↓


応援クリックご協力お願いしま〜す!
posted by momotama at 21:01 | SPECIAL REPORT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。