【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年02月11日

ランド円-日足での遅行線は上昇軌道を確保か?

皆様こんばんは。

G7明けの円の動きが非常に気になる夜ですね〜。
窓を開けちゃうかも〜なんて期待してる方もいらっしゃると思いますが、期待を胸に祭日の明日はFXざんまいだ!という方もいらっしゃるかと思います。
明日は早起きになりそうな感じでしょうか。


言い訳くさいですが、最近仕事疲れでしょうか、文章に張りがなかったような気がしまして、ちょっと気合を入れなおしました。
そういうのって読者の方に伝わるってのを改めて感じまして反省した次第です。うんうん。

でも連続出張って精神衛生上良くないですね。
年明けからかれこれ1ヶ月以上関東出張してましたが、
私はだんだん気持ちがドヨ〜ンとしてきましたねぇ〜。
単身赴任されている方々はもっと大変なんだろうな〜とつくづく思います。
出張してる夫を持つ主婦トレーダーの皆様、ダンナ様には優しくしてあげてくださいね。
トンボ帰りでも家庭でのグダグダしたひと時は短い時間でも大事な時間なんですから。


来週もがんばっていくど〜!

・・・というわけでランド円の動向を予測してみたいと思います。

zarjpy070211day.JPG

まず、先日の記事で述べた基本数値によるもみあいからの放れはぴったりなタイミングとなりました。

今後はピンクの小勢N波動としての目標値を追いかけて行く事となりますが、既に決まった2波動は9日+7日で計15日とカウントできますので、対等数値から考える3波動目の目標は2/19(月)となります。

目標値は前の記事で書いた通り、17円ミドルとなります。

ここで重要なのは、1波動の高値17.18を越えることです。

これを越えないと遅行線も日々線に衝突することになってしまいます。

あと気になることは、時間的制約から見ますと、2/19まで17円Midまで上昇するというのは無理があるように思います。
しかも2/21には雲のネジレがあるんです。

3波動目が17.34を越えてくれれば中期波動転換確定となり、
その後の下落は押し目と判断できそうなんですが、
ちょうど失速してネジレのタイミングで高値をつけてしまう可能性もあるんですね。
その高値にもよりますが、三角保ちあいのブレイクが確定してませんので、そのキッカケになる可能性も十分考えられます。

というわけで今週は、G7の結果による円売りってのもあるとは思いますが、どこまで値を伸ばせるのかに今後の動きがかかっているような気がしております。


次回は週足での仲値の考察について触れたいと思います。



追伸:本日愛妻が「掃除力」という本を買いまして、家の物のあらゆるものに話かけております。「あなたはどこにいるべき物なのぉ?」と自問自答してます・・・。深夜に分別が始まりそうでビクビクしております・・・なんかこの本読むと片付けたくなるらしいです。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by wj at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月08日

ランド円-上離れか?

昨日述べた通り、動きがありましたね。
個人的には落ちるかと思ってましたが、上がってます^^;

それで、昨日のチャートを見ながら書いていきますが、

まずG点を起点にして、小勢3波動の可能性を考えて見ます。

そうしますと、

16.49-16.90-16.52
V計算値 17.28
N計算値 16.93
E計算値 17.31
NT計算値16.55

となりますが、小勢波動はN値を取ることが多いように思いますので、H点(17.18)は越えられないかもしれません。

その場合は再度もみあいという判断になってしまいますが、
17円台に載せてきた場合は、H点を越えると思われますので、
CDGの2波動からのN波動目標値が出てきます。

16.06-17.18-16.49
V計算値 17.87
N計算値 17.61
E計算値 18.30
NT計算値16.92

余裕でB点(17.34)を越えるような気がしてきますね。

さて時間論で考えますと、CDGは15日間ですので、3波動目も15日とすると、2/19になります。17日ですと2/21です。

ちょうど雲のネジレに差し掛かることになります。

タイミングとしては丁度いいような気がします。


まずは17円を越えてH点を越えること、これを注視していきたいと思います。


追伸

でも、まだNY時間が残ってますので、気は抜けませんよ〜
ひっくり返されるかもしれませんし。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年02月07日

ランド円-今週末は濃い?

最近のランド円は他の通貨の乱高下にも影響されずもみあいが続いており、非常に読みづらい状況が続いていて、悩んでいます。

過去の記事でも今月第3週〜4週は注目と書いていましたが、注意すべきポイントが近づいてきたようですので、改めて書きたいと思います。

zarjpy070207day.JPG

分かりづらくて申し訳ないのですが、

ピンクの線は中勢波動
黄色と水色は小勢波動
緑色は仲値による波動

にそれぞれ分けてみました。

では小さい波動から見ていきます。

○水色の波動

DGHの2波動を10日
3波動目を10日とすると2/14

17.18−16.49−16.90
V計算値 16.08
N計算値 16.21
E計算値 15.80
NT計算値16.62


○黄色の波動

BCDの2波動14日
3波動目を14日とすると2/8←おかしいですね

つまり明日で下落の力は時間切れとみなせるのかも?
念のため計算値は・・・↓

17.34−16.06−17.18
V計算値 14.94
N計算値 15.90
E計算値 14.78
NT計算値17.02


○ピンクの波動

ABが65日
BCが33日とすると、2/16、26日だと本日。

E点が押しの限界として決まれば今年は安泰?


○緑の仲値の波動

BとCの仲値は16.70です。
仲値をつけた初日から数えると基本数値に当てはまっており、
明日の8日は注目の日と言えます。


つまり明日以降、どちらに放たれるのかで今後の行方が見えてくるような気がします。

下落した場合は、G点を下回ることが条件で、少なくとも雲のネジレの21日までの下落は見込めることになります。
目標値は15.80〜90

ちなみにフィボでは、
14.74−17.34
23.6%押し16.73
38.2%押し16.35
50.0%押し16.04
61.8%押し15.73
76.4%押し15.35


上昇した場合はH点を越えることが条件ですが、そうするとD点を狙う動きになり、CDGを2波動とする上昇N波動として考えることになってきます。
そうしますと早々とランド円に安泰の時期が訪れることになるのかもしれません。

G7を控えた今週末は注目していきましょう!

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | ZARJPY
2007年02月05日

ランド円-均衡が崩れるのはもうすぐ?

本当に判断に苦しむ相場が続いていますね。

記事を書くのも悩みます(笑)


今日はいつもと変わった視点から考えて見ます。

といってもご存知の方も多いと思いますが、知らない方のために。


「遅行線」ってNYクローズの線って知ってましたでしょうか?

遅行線は終値を26日さかのぼって記入した線なんです。

つまりは、NYクローズベースで相場を見たい場合は遅行線を見れば一発解決なんですね。

知らない方にとっては、おぉ〜っ!って感じだと思います。

私がそうでしたから・・・

おお〜っ!って思ったひと〜 → はいポチお願いします(笑)


皆さんのチャートで週足の均衡表を見てみてください。

遅行線が上値を切り上げてきてませんか?

そう、もみあいながらも、堅調に上昇してるんですよね。


日足では小勢波動で転換、転換してもみあっている様子が続いています。

週末のG7など均衡が崩れるタイミングになりそうなネタはこれから沢山あります。

遅行線をうまく活用する、これが最近の私の課題でもあります。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年01月28日

ランド円はP波動に移行か?

ランド円は高値更新ならず反落してNYクローズしました。

日足の転換線は割ったもののロウソク足の実体は雲の上限に支えられるなどして、堅調ぶりを見せています。

zarjpy070128day.JPG

来週の動向ですが、以前の記事で申し上げた通り、基本数値の週となっています。

日足の時間分析でも基本数値が重なる日があります。

小勢天井から数えて9日目が2月1日となっていますね。

これを目処にP波動の目標値16.22雲の下限16.20を試すものと考えられます。


しかしながら、月曜日から堅調に上昇を再開する場合は、以前の高値17.34を越えていくと思われますが、その可能性は低いのでは?と思っています。

というのは遅行線が日々線を下抜けたことにより、すぐの上昇が考えづらいからです。
私としてはもみあいに移行、つまりP波動への移行が現実味があるのかと思っています。
思ったよりもドルが強いことも理由の一つです。

後日ドルランド分析も載せたいと思います。


色んな通貨ペアで変化が生じてきたように思いますが、
来週はどうなるでしょうか?

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年01月22日

ランド円-高値更新なるか?

最近のランド円のチャートの形はユーロ円にそっくりだと思いませんか?

前回の高値を狙う形といい、そっくりですね。

でも均衡表の形は全然違いますので押しの入れ方はいずれ違ってくると思います。


本日は、2006年10月4日の底から数えて78日目(一巡+2日)であり、

1/10の小勢波動の底から数えて9日目です。

時間的限界を感じる時でもあります。


今週中に高値更新(波動転換)していけば、対等数値から見て

来週末(2/1〜2)まで17カウントまでの波動延長が予測されます。

そうしますと、押しが入っても新ステージ突入ですので、ロングを仕込む良い動機付けになると思います。



しかしながら反落してしまった場合、ちょっと大きめの調整が入るのではないかと見ています。

これは遅行線の動きで判断しますが、日足で日々線を割った動きになった場合、最大で16円Midまでの押しをいれてP波動に移行するのでは?と見ています。

小勢天井を打ったならば、その後をP波動と仮定すれば次の押しの位置が出ますので、それを押しの限界と見て、それを割るようならば週足で見るY波動(あまり考えたくないですね)の可能性を考えていくのかなと思っています。

ドルランドの形を見る限りでは、後者の可能性が高いような気がしております。

さて今週はどうなるでしょうか?

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年01月21日

ランド円-まだモミアイか?

日足でみるとかなり強気であることがわかりますね。

小勢波動での底から一陰介在七陽連となっています。


しかしながら週足でみるとどうでしょうか。

丁度雲の下限で抑えられてクローズとなっています。


先日の記事でチャートに書いた私の予想の軌跡とは違いましたが、

考えていたことは、ずれてなくてまだモミアイが続くと思っております。

明確な方向性が見えるまではもう少しかかるのかもしれません。


とりあえず今週と来週は基本数値の週となっていますので、
突然の高値狙いには気をつけて臨みたいと思います。
高値掴みになる可能性もありますので。

今週、来週と高値更新で伸びられれば、次の基本数値の2月までは安心してみていられると思いますが、どうなるでしょうか。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
2007年01月12日

ランド円-週足の考察

週足で見たランドは居心地が良さそうな位置にいます。

zarjpy070112week.JPG

今週の値動きは基準線と転換線に挟まれた動きとなっています。

どちらかに放たれる前のもみあいと考えれば、居心地の良い位置なのでしょう。

過去のチャートにも基本数値を当てはめると、17、26、42といった数値が多く見られます。
それで、目先の変化週として、今月第4週〜5週を考えております。

日足ですと来週の変化日を想定しておりますが、延長される場合は、第4週〜5週にあてはまる変化日を探すか、値動きによっては考えを調整する必要があるでしょう。
調整とは週足で見たときのY波動になるのではないか?というものです。
しかしながら現時点では想定はできません。
これは後日取り扱いたいと思います。


週足の均衡表の形は、まだまだ強気とは言えませんが、
いずれにせよ、今月中にはある程度明らかになると思っております。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(1) | ZARJPY
2007年01月09日

ランド円-調整終わり?

まず始めに、私の無知故にご迷惑お掛けしたことをお詫びすると共に、
色々と情報を教えて頂いた皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

とりあえず「いさぼん様」から教えて頂いたチャートを用いてしばらく分析を行っていきたいと思います。
これが一番大きく表示できて、見やすいなと思ったからです。
しかしながらいままで使っていたレートと少し違いがありましたので、
今の所以前のレートを元に計算しています。
そんなに大きくは変わらないでしょうから・・・

では久しぶりのチャート公開です〜

zarjpy070109.JPG

年末に利益確定推奨した週から結構ずれて調整となってしまいましたが、
結果的には基本数値にしっかり相場が支配されている様子が伺えると思います。
これをしっかり捕らえられなかったのは私の勉強不足と認め、今後の糧にするつもりです。


ここで後講釈の説明になってしまいますが、
私が利益確定推奨した理由としましては、

@時間分析で納得の行くタイミングであること
A波動目標値がほぼ一致していること


均衡表の各線での変化が見られる前に判断する材料としては以上二つを考慮しております。
オレンジ色の波動は、まさにその二つの条件を満たしておりましたので、
ここで利益確定するのがテクニカル分析的には良いタイミングと思っておりました。
そして、19.70-14.75の50.0%戻しが17.23というのも興味深いですね。



また、「変化日」という言葉を用いておりますが、「原著」の中にはこう書かれている所があります。
(以下引用)


「変化日」とは(中略)「変化日即転換」であることが第一。第二は「変化日即加速度」。
第三は「変化日の延長」であります。
そのために転換日とは言わないで、変化日としているわけでありまして、
変化日(その翌日)に転換されなければ、相場は延長されるか、加速度されるのであります。



したがいまして、変化日と一言で言っても、必ず転換する日を選び出しているわけではないということをまずご理解頂きたいと思います。
数多くの基本数値から選ぶわけですから、当然ハズレることも多いんですね。
でも選ぶということは、何らかの理由をもって選ぶわけで、自分がそれを信じて悔いのないトレードが出来ればそれで十分だと思っています。


今回の私の想定した変化日を更新してしまったことは「変化日の延長」と考えています。
この場合は様子見としています。
なんか逃げの言葉みたいになってしまいましたが、今の私の足りない理解力ではこれしか考えられませんでした。(スミマセン)


それで、今後についてですが、2006年10月30日の記事に載せたチャートの上部に74という基本&対等数値を見つけられると思います。
現在底から数えて69日目ですので、もうすぐ74日目が近いんですね。
しかも天井から9日数えると73日になります。

その頃は遅行線と日々線が激突するタイミングにもなりますので、今後を判断する良いタイミングになるだろうと思っています。
ちなみに、14.75-17.34の38.2%押し16.3550.0%押し16.05も均衡表の各線の関係を見ると、良い位置にあると思います。


最後に何よりも私が注目している点としては、チャートの黄色のマークにあるように、
中勢波動転換のサインが出ているんですね。
レートが正しければNYクローズベースでもちゃんと転換しているはずです。

先日の波動転換の記事を書いた直後に下落してビックリしましたが、
今年前半はランドにとって良い年になるのではないかな〜と思っています。

週足での見解もまた載せたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:08 | Comment(2) | TrackBack(1) | ZARJPY
2007年01月03日

ランド円-波動転換!

皆様こんにちは!
今年も宜しくお願い申し上げます!

年明けから相場がじゃんじゃん動いてるようですね。

実は私は今リフレッシュ中でして、ネット環境があまり宜しくない所におります。
1/7に帰って来ますので、それまでコメントがあまり出来ないかもしれません。
それでも出来る限り書きたいと思ってます。



今チャート見ましたらなんと!17.16越えましたね!

昨日のNYクローズが17.17でしたので、紛れも無く中期波動転換です!


これで、安心してみていられますね。

残されたネガティブな可能性としてはY波動という拡散型の波動を考えるのみですが、均衡表の形からしてもとりあえずは心配ないでしょうね。

戦略的には追撃買いとなりますね。


皆様の今年一年のランド投資がより良いものとなりますようお祈り申し上げます。
そして私もがんばりたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 14:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | ZARJPY
2006年12月29日

ランド円-上値狙い?

どうも方向感に乏しい状況が続いていますね。

私はずっと様子見に徹しています。

日足では一時的に転換線を割ったものの、昨日のNYクローズ時点では転換線の上に戻っています。

均衡表の形を素直に見れば、強気な形には変わりはないですね。

ランドの強さが感じられますが、主だった基本数値の日ではないので、

このままもみ合いのまま今年は終わりそうですね。


17.16を越えるまではもう少し時間が欲しいところですし、

できれば16Midまでの押しが欲しいところでもあります。


去年は正月から荒れた相場になりましたが、来年はどうなるでしょうか。
楽しみにしたいと思います。


8月からブログを初めて、本当に皆様に支えられながらここまでブログを成長させることができました。
自分ひとりではここまで出来なかったことは言うまでもありません。
自分自身本当に勉強になりました。本当にありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします!
風邪など引かぬように気をつけながら、良い年越しをされて下さいね。


来年もよろしくお願いします!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 15:34 | Comment(7) | TrackBack(0) | ZARJPY
2006年12月27日

ランド円-クリスマス休暇明け

先週から16円Highが重いですね。

クリスマス休暇明けの海外がどう攻めてくるのか楽しみな所ですね。


日足では、転換線を割ってきました。
基準線(16円Mid)は水平ですので中立ですね。
上昇トレンドには変わりはないのでしょうが、雲の上限や基準線を目処に押しを見極めたいですね。
16.52を割らずに上昇できれば一段高が望めます(S構成点)が、すぐにそうなるのではなくて、所詮は大きなもみあいの域を越えない動きになるような気がします。

ポイントとしましては、今回の上昇5波動のうち、1波動目と3波動目の押し(2・4波動底)はそれぞれ50%押しです。それで今回の押しのポイントも5波動目の50%押しで16.49辺りを目処にできると思います。
それに加えて均衡表の各線の位置を見ながらエントリーポイントを探るのが良いかと思います。


週足でも丁度雲の下限を目の前にして上げ渋っておりますが、
雲の形から見ても、もみあいに移行しそうな気がしますね。
基準線を押しの限界と考えると、16円Low〜17円Lowのレンジが続きそうな気がします。

今の所16円は割らないだろうという考えでおります。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 10:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | ZARJPY
2006年12月23日

ランド円-日足は達成感のある形

いや〜先週はまともに相場を見れませんでした。
昨日もPCの横で寝てしまいました。
で、起きたら17.10まで上昇してたのでまたビックリ!

後講釈になりますが、終わってみればこんなにきれいな形だったということで、まとめましたのでご覧下さい。

zarjpy1223day.JPG

青の線の波動も達成感がありますね。

また、先週も触れた4/21から172日カウントの日が12/19でもありましたので、12/20に高値を付けたというのは非常に興味深いですね。



あと、週足での長期の日柄カウントも考慮してみたのですが、

2001年12月の安値9.32から数えて、今年4/21の19.70までは224カウントでした。これは76(一巡)×3=226でかなり近い数値がとれました。
途中の中間波動でも基本数値、対等数値がピッタリ当てはまっております。

また先週高値17.10までは、258カウントとなり、129×2=257に迫る日柄となっております。



結論としましては、

17.16を越えられずにNYクローズしたこともあり、私の予測は一週間ずれましたが、来週は調整入りする可能性は高いと思います。

しかしながら条件がありまして、日足での転換線をNYクローズベースで下抜けるという条件が必要です。
ちなみに基準線の方向は日足、週足共に中立です。

よって、変化日と決めてもそれを先回りしたポジション(逆張り)を持つのではなく、均衡表に見られる実際の転換のサインもみてから判断することをオススメ致します。
(これ、私もやってしまいます・・・)
均衡表にサインが出ることなく上昇を続ける場合はそれに順ずるのが良いと思います。
(わかっちゃいるけどやめられないんですよね・・・)

今後の波動転換ポイントとしては、週足でのカウントがまだ中途半端(先週で12カウント目)なこともありますので、基本数値や対等数値を用いて予測できると思います。
また随時載せていきますね。


こんなにきれいな教科書に載せるような形を読みきれなかったのは、
多くの反省点が残ります。非常に残念です。

でも一つのトレンドをずぅ〜っと追いかけて分析してきたことは、非常に勉強になりました。

後講釈と言われるかもしれませんが、過去の相場を自分なりに整理していくことは、一目均衡表においては非常に大事のような気がします。


まもなく2006年も終わりですね。
師走もあと一週間、がんばりましょう!

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 15:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | ZARJPY
2006年12月21日

ランド円-S構成点の可能性

お久しぶりでございます。
ブログメンテナンス&出張&忘年会(泊)で相場から二日程離れておりました。

帰ってきてチャート見てビックリ!
ぬわんと17円越えているではありませんか!

私のシナリオ通りにはいきませんでしたね・・・

それで、先日書いたシナリオ崩壊のS点について取り急ぎ書きたいと思います。

zarjpy1221day.JPG

S構成点(略してS点)とは、調整の下げが前回の高値を下回ることなく反騰した場合、大きく伸びる可能性が高い、そのポイントのことを言います。

日足で言うと、11/16の16.52がS点になります。

(これは波動の転換のポイントとは関係ないので、切り離して考えてくださいね。)

昨日の17円越えは、このS点が当てはまるのではないかと考えています。

現在は、全面円安相場となっていますが、これに乗じて17.16を越えられれば非常におもしろい展開となってきます。NYクローズで越えればなお最高ですね。

その時は迷わず追撃買いということになるのでしょう。


まだ浦島太郎状態ですので、これから考えを整理してみたいと思います。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 20:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY
2006年12月18日

ランド円の今後の展開は?

先週金曜日で、NT目標値16.99に迫る動きを見せましたね。
一応私としては、達成感があるのではないかと思っております。
予想外に続伸したら、また随時変更をかけていこうと思います。

さて、今後の展開なのですが、今日の記事は「予想」です。
一目山人翁は「予測」をするようにと仰っておられますが、一番初めは予想するわけで、それから予測するということのようです。(たしか)
それで初めの予想にはかなり注意を払う必要があるようです。


では予想開始します。


先日申し上げた通り、週足では下降波動の継続パターンとなっています。

しかし、週足で遅行線が日々線を抜いたことや、転換線が基準線を抜いたこと実勢価格の位置を考えますと、流れに変化が生じてきたと思いますので、しばらくの間もみ合いに移行するのではないかと見ています。


今日は週足から見てみます。

zarjpy1218week.jpg

見ればすぐ分かると思いますが、単純基本数値9に近い周期を取っていることがわかります。

それで、複合基本数値等を考慮して、今後の下降I波動を8週と考えて見ます。

そうしますと合計42週となりますね。

変化週は1月第5週と考えています。

また、8週という短い期間で考えますので、前回高値安値を抜くというよりも、もみあいに移行というほうがしっくり来ると思います。
均衡表の各線と日々線が絡み合うような動きを想定しています。

それもP波動か三角保ちあいの形を考えていますが、P波動ですと、次のターゲットがかなり下(15円Low)になりますので、合わないような気がしています。よって普通の保ち合いかなと思っています。



では次は日足です。

zarjpy1218day.JPG

ここでは、現在の相場を17.16〜14.75のもみ合い相場と考えて、相場の中心を16円と考えています。

そうしますと、12/1の小勢4波動目が相場の中心に絡んでいますので、
それを波動の中心として、対等数値を取りました。

複合基本数値42日を取りますと、2007/1/30が出ます。

これもなんと、1月第5週なんですね。


では下落のターゲットですが、

2006年10月4日 14.75
2006年12月15日 16.92
23.6%押し 16.41
38.2%押し 16.09
50.0%押し 15.84
61.8%押し 15.58
76.4%押し 15.26

雲の下限は15.60〜90あたり。
この辺を目処に考えております。

その頃になると次の動きも見えてくると思いますので、
そこで、押し目を拾うか、様子見かを決めれば良いと考えています。



最後に、このシナリオ全てが崩れる動きですが、
先回の高値16.52を下回ることなく上昇した時です。
これは「S点」という考え方に基づいています。
この場合は、早々と17円台突破を考えることになります。
さぁ、どっちに行くでしょうか?


いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:58 | Comment(4) | TrackBack(1) | ZARJPY
2006年12月14日

ランド円-小勢天井は間近?

本日から明日にかけて、ランド円はちょっと注目の日となりそうです。

日足チャートをご覧下さい。

zarjpy1214day.JPG

本日は、複合基本数値の51(二期)にあたる日です。

明日ですと、4波動目の12カウントの日柄に近い対等数値を取れる日です。

あと、先ほど発見したのですが4/21の19.70から数えて本日は169日目であり、
複合基本数値172に迫る日となっています。
明日ですともっと近いですね。

また何度も言っておりますが、日足、週足共に雲のネジレが重なっています。
目先天井を匂わせるタイミングとなっています。

(ちなみにピンクの波動と計算値は過去の結果として記入してあります。)


ちょっとここで、皆様にまたもや謝らなければなりません。

先日、NT目標値を16.87と書きましたが、
私の入力ミスによるもので、正しくは16.99です。
今日の記事を書くまで気づきませんでした。申し訳ありません。
(さっき16.86を付けた時喜んでしまいました・・・)

それで、もうちょっと計算値に迫る動きがあるのかもしれません。

しかしながら細心の注意を払って頂ければと思います。
「鯛の頭としっぽはくれてやれ」という言葉がある通りです。
(私は、ささやかながら指値16.85でスクエアにしました)


来週以降も引き続き値を伸ばす場合は、32日に対する対等数値で
12/29を変化日とすることが出来ます。
その場合は計算値が変わりますので、17円台突破すると思います。
難しいですが17.16を越えられれば、週足でも波動転換となりますね。



私としては、今週で一旦天井と見ているのですが、そうなった場合は、
週足で言うところの弱気波動継続となります。

日足では強気パターンとなっているのですが、どこまで押しを入れて再上昇できるのか、それを考えねばなりません。

ちょっと強めの押しが入ると思っています。
想定はしていませんが17.16を越えられずに、14.75を下抜くなんてこともあるかもしれません。
(複合数値172が気になる)


薄商いの荒れる年末相場を皆様が上手に乗り切ってくださることを心から願っています。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 21:58 | Comment(7) | TrackBack(2) | ZARJPY
2006年12月11日

ランド円-想定通りの上昇

皆様こんばんは。

まずは想定通りですね。

本日六陽連の可能性がありますね。

明日は、日足でいうところの10/4から数えて50日目(二期−1)にあたります。

日柄的には丁度良いと思いますが、日足の均衡表の形が強気全開ですので、
上昇が止まらない可能性もありますが、今週もし天井を打たないとすれば、

12/4の記事対等数値32の考えられることができますね。

そこでも基本数値の65に近い数値を取ることができます。

どちらにしても、深追いしたくないゾーンですね。

波動の継続なのか、転換なのか、見極めてから次の手を考えたいところです。
我慢、我慢です・・・。


週足では、今週は雲のネジれの週でもあり、遅行線が日々線に衝突する週でもあります。


今週も気を引き締めていきましょう〜!

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | ZARJPY

ランド円−来週の予測

来週の相場が動く前に、予測をしてみたいと思います。

○日足チャート
zarjpy1210day.JPG

先日の時間分析からして、来週早々の天井を予測しているわけですが、
型譜から見ても、初期波動、中間波動、最終波動(?)で型譜が出現しております。

なぜ型譜で判断するのかといいますと、以前型譜について扱った記事を書きました。
系譜でランドをみてみようの記事
過去の波動では、一つの波動毎に系譜が三度出ております。

今回もちゃんと三度出てるんですね。

16.87の目標値を付けていけば、その辺を目処にロング利益確定すれば良いのかなと思っています。

そうしますと、先回の高値17.15を上抜かなかったということで、下降波動継続とみなせます。

均衡表の形としては、強気な形ですので、下落は想定しづらいとは思うのですが、ちょっと警戒しております。

相場の潮目が変わってきたような、そんな直感があります。


○週足チャート
zarjpy1210week.JPG

直近では、およそ9週周期で波動の転換がありましたが、
現在の波動は10週目で高値を付けておりませんので、さらに上に伸びるのか、
それとも中途半端な数値で反転するのか微妙なところですが、
日足での目標値を考えると、後者の可能性が高いのでは?と考えています。

その場合は、青の線の波動カウント25週の対等数値として、更なる下落を想定できます。
つまり安値14.75を下回る下落です。

そうしますと、合計49週カウントになります。

これは2005年の上昇波動47週カウントの対等数値としてほぼピッタリになります。

均衡表を見ても、来週の遅行線は日々線に衝突しますので、転換する可能性は十分あると考えます。

以上が今現在の予測です。

これをベースに来週の値動きを判断していきたいと思います。


追伸:本日ブログの模様替えをしました。見づらかったら遠慮なく仰って下さいませ。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 00:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | ZARJPY
2006年12月08日

ランド円こう見る

皆様こんばんは。

昨日のドル笊の動きと、
笊円の動きがどういう関係になってくるのか、
ず〜っと考えてましたが、
以下のような考えに至りました。

zarjpy1208day.JPG

青の2波動目の底
12日という中途半端な日数であったため、
1波動目の18日を対等数値として
2〜3波動目に当てはめました。

そうしますと、12/11(月)が3波動目のトップかなというイメージがわきます。

目標値としては、残された日数を考慮すると、

14.75−16.52−15.81
 V計算値 17.23
 N計算値 17.58
 E計算値 18.29
 NT計算値 16.87

珍しいですが、これになるのかなという気がします。
あるいはフィボの16.65でしょうか。

まとめますと、来週早々に小勢波動の天井を付けて調整入りするという予測ができるわけなんですが、
ドル笊も今週で底打ちとなれば、先日の記事の週足の動きがそのまま生きてくると思います。

こう考えると、しっくりくるかなと思っています。

しかしながらこの予測も、今夜暴落すれば、白紙に戻ってしまいます。

さて、雇用統計どうなるでしょうか?

楽しんで下さい!

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
おひとつぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:31 | Comment(5) | TrackBack(1) | ZARJPY
2006年12月04日

ランド円やはり今週が鍵?

皆様こんばんは。

先週もまたもや記事更新の後にドカッと動いてしまいましたね。
いつもながらタイミングが悪いです・・・。

実は最近、一目均衡表の原著のうちの一冊を購入しました。
まだ半分も読みきれてませんが、少しずつ勉強の成果が
日々の記事の内容にも出てくればいいなと思っております。

自分が選んだ分析手法ですので、なるべく忠実に分析結果をお伝えしたいと思っておりますが、何故勉強段階の記事ですので、間違うことも多いでしょうし、思い込みが強くなることもあると思います。
それで、これまで同様、参考までにという意識で読んで頂ければ幸いです。

ますます記事がわかりづらくなるかもしれませんが、
今後ともお付き合いの程宜しくお願いいたします。

それでは今日のチャートです。

zarjpy1204day.JPG

ピンクの線と数字は、波動の形と値幅を表しています。

は予測した数値や日付を表します。


まず青の波動からですが、17(一期)に近い日数で構成されておりますが、合計32で33(一期一節)に近い数値を取っています。

これの対等数値として次の波動を考えていきますと、ピンクの波動を想定できます。

そして、現在の4波動目を緑の日数の対等数値として考えていきますと、
6日や11日、一期に近い数値を予測できると思います。
もちろん17(一期)で取る可能性もありますね。
そうした場合、遅行線も雲の中を通っていくことになりますので、
遅行線の悪化ということにはならないと思います。
ちゃんと好転する可能性を秘めていますね。

そして次の5波動目の天井の予測としては、これも対等数値から
29日を考えてみました。

また、現在の4波動目の押しのポイントですが、
過去の値幅から算出した数字を書いています。


以上、ごちゃごちゃと書いてきましたが、まとめますと


○現在の4波動目の押しのポイント
 6日〜11日の17(一期)に近い日
 16.52-0.71=15.81
 16.52-(1.22÷2)=15.91
 16.52-(1.77÷2)=15.64(雲の上限あたり)
           ↑これはドキドキしますね

○5波動目のポイント
 29日あたり
 (15.30を下抜けず、16.52を越えた場合)

 15.30−16.52−15.81(15.81を底とした場合)
 V計算値 17.23
 N計算値 17.03
 E計算値 17.74
 NT計算値 16.32


 14.75−16.52−15.81
 V計算値 17.23
 N計算値 17.58
 E計算値 18.29
 NT計算値 16.87

 (目標値の達成具合で今後の予測も変わります)


以上、先日の記事のように大きな目で見れば
もみあい中という認識は変わらないのですが、
小勢波動で見た場合は、現在の波動はフラッグに見えますので、
上に抜ける可能性は大きいと思っています。

以前の変化日とは違うぞ〜と思われるかもしれませんが、
相場の動きで日々考えを更新していくものなので、
どうぞご理解頂ければと思います。

また、今後しばらくは、原著の勉強もありますので、
毎日更新できるかどうかはわかりませんが、
できるだけ、日課として続けていくつもりですし、
より内容の濃いものをお届けしたいと思っていますので、
今後も変わらぬご愛顧の程、お願いいたします。

いつも訪問ありがとうございます!
応援クリックお願いいたしますね〜

poti.jpg


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ZARJPY
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。