【一目均衡表の基本数値表】
単純基本数値 複合基本数値
9(一節) 33(一期一節) 65(33×2) 97(33×3)
17(二節) 42(17+26) 83(42×2)
26(一期) 51(二期) 101(51×2) 172
129(65×2) 257(129×2)
76(一巡) 151(二巡) 226(一環) 676(一循環)


2007年02月26日

ドルランドは自律反発開始か?

皆様こんばんは。

昨日の記事の通りドルランドの反発がありましたね。

いいタイミングかと思います。

夕方からの円の買い戻しで、ランド円も連れ安となっています。

私のポジもストップアウトするのかな〜と少し不安なところです。


まだNYがどう引き継いでくるか分かりませんのでなんともいえませんが、現段階ではドルランドの三角保ち合いがしらけるまで、まだまだ余裕があります。


押し目として16.75程度までのランド円の下落は覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 18:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年02月25日

ドルランドは三尊完成に向けて着々と準備中?

皆様こんばんは^^

明日への期待を胸に予想を巡らしてらっしゃいますでしょうか?

本日も私に戯言に少々の時間お付き合いくださいませ〜

NY金の分析をしようとおもったんですが、ドルランドを眺めていたら、こっちの方がおもしろいな〜と思ったので、こっちの記事を書くことにしました。

NY金は後日書きますね。

では日足から見てみましょう。

usdzar070225day.JPG

ぱっと見て感じるのは水色の保ち合い下抜けですね。

次に、もみあいの中心線(黄色)を考えて見ますと、
仲値を最初につけた日から離れが起きる直前までの日柄は27日であり、基本数値26に迫る日となっています。

それで、今回の保ち合い下抜けを裏付ける根拠を得ることができますね。

また、波動のカウント数(緑色)ですが、過去の波動を見ても一つの波動を9日(一節)でとることが多いようですので、今回の放れの波動も一旦の反発の可能性を警戒することもできます。


では次に週足です。

usdzar070225week.JPG

相場の中心線を二つ書いています。黄色と緑色の線です。

注目できるのは、どちらの中心線も同じ足にからんだということですね。

まず黄色から考えますが、33週カウントで放れの可能性が出ています。

転換線もパッチリ抜けましたので、このまま下落を続けて三尊完成かと思いたくなりますが、緑線の仲値を考えた時に、42週カウントが注目できます。

これは遅行線が日々線の次のピークにさしかかるタイミングでもあります。あと6週カウント後になります。

これ、丁度三尊完成のためのネックライン(水色)と重なっているんですね。

ということはもうちょっと三尊完成までには時間がかかるような気もしてきますね。

ちなみに、遅行線ベースでのネックライン(水色)は既にブレイクされています。


とりあえずランド円の方向性としては上昇に安心感が出始めるのかな〜と思っています。

いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
ポチお願いします〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年02月20日

ドルランドは週足で見ると今週は良いタイミング

皆様こんばんは。

まずは愛情(同情?)のポチから行きませう(笑)→人気ブログランキング

今日はドルランドの週足での考察を述べたいと思います。

今週もまたまた注目のタイミングになっています。

usdzar070220week.JPG

まず水色の囲み部分の通り、日々線のボトムに丁度遅行線が来ております。
というかもうぶつかっちゃってます。

これが相場の転換、延長を表すのは以前申し上げた通りですね。


さらに、三尊の可能性を考えてしまうのですが、今週は右肩と左肩の日柄数が同じタイミングとなっています。


さらにさらに、日々線が先行スパンにぶつかっています。
これも26という基本数値の凄さを実感するものですね。



これ、今週動かないでどうするんだい?っていうくらいタイミングが必然的に重なっていますね。

それで放たれた方向にさらに6週間の動きが予測できますね。
(次の日々線と遅行線の天底の関係)
上がった場合は転換、下がった場合は延長、というわけです。


どうしてもドルランドを下落方向に見たくなる気持ちはわかります。
(わたしもそう見たくなりますんで・・・)

でもまだまだ明日までは分かりませんよ〜
明日と明後日は南アメリカの指標が出ますので思い込みは要注意ですね。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 23:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年01月30日

ドルランド-目指すは2月中旬

1月16日の記事でUSDZAR日足P波動の可能性を書きましたが、その可能性はやはり低いような気がしております。

それよりもやはり2月中旬を節目とする三尊シナリオの方が現実味があると思います。

ではその理由を書いていきたいと思います。

usdzar070130day.JPG

まず日足で見ますと、小勢波動2波を15日でとっており17(二節)に近い理想的な日柄と言えます。
そうしますと、そこから同じく二節を見て、合計33日(一期一節)の3波動の可能性を考えることになりますので、以前の記事のシナリオはまだ崩れていないということになりますね。

それで目先の変化日は2/16(2月第3週)となります。
(以前の記事では2/18と書きましたがカウント間違いでした。すみません。)

波動目標値はチャートに書いたとおりです。
この波動目標値から見ても、上記のP波動の可能性は低いと考えられます。


では次に週足を見てみましょう。
usdzar070130week.JPG

今週は基本数値が集中するちょっとした注目の週となっています。
FOMCもあり注目と言えますね。

そして私が注目しているのは、三尊の左肩の8週の対等数値として2月第4週が出てきますが、
ちょうど遅行線が日々線に衝突しそうな領域に突入します。

これはドルにとって正念場になるのではないかと思っています。
日々線に沿って上昇するには相当の力が必要となります。
しかも黄色の線に描いたようなピッタリな通り道がありますね。
これは思い込みの領域を超えませんが、なかなか期待できるものもあります。


結論として、2月第3週末〜4週を目処にドルランドの天井の可能性を考えています。
実はこの時期はアストロ的にも非常に重要な時期のようでもあります。

FOMC、G7とイベント目白押しですが、少し遅れてドルの天井が見られるのでは?と思います。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 20:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | USDZAR
2007年01月16日

ドルランド-運命の分かれ道は来月?

ランド円は日足の遅行線が日々線に衝突しました。
何らかの動きを期待できるタイミングに入ってまいりました。

さて、今日はドルランドについて考えてみたいと思います。

○日足による考察

usdzar070116day.jpg

現在考えられる可能性としましては、

@上昇N波動継続の可能性
A三尊になる可能性


が挙げられます。
そしてそれを判断する材料としては、現在の波動がどんな軌道で動くかを考えていくわけですが、

小勢波動として見た時の目標値とP波動としての目標値と日柄

以上の二つを考えていく必要があると思います。
そしてそこからどちらに放たれていくかを見ていかなければなりません。

まずP波動ですが見ればお分かりの通り、戻り高値の算出をします。

そうしますと、7.7774になります。

次に小勢波動の目標値ですが、現段階では底が確認できないので分かりません。
確認でき次第、P波動目標値と照らし合わせてみます。


次に三尊のパターンと考えた場合、左肩の日柄を参考にしまして、
38(5週)程度の日柄を考えることが出来ます。

そうしますと、赤の日柄、2/18・20が考えられます。


まとめますと、2/18・20を変化日として7.7774程度(仮)までの上昇を見込む、となります。
均衡表の形から見ても悪くないと思います。
その先も上昇するならば、「変化日の延長または加速」、中勢上昇波動継続です。
しかし下落すれば、「変化日即転換」となり三尊の可能性が一層高くなります。



○週足による考察

usdzar070116week.JPG

長期の大底から日柄を数えています。

それぞれ相場のポイントから日柄を数えますと、

今月第5週と2月第3〜4週が考えられます。

2月第4週は日足の変化日と一致しております。

現在の波動の形から見ますと、今月は押しを入れに行くのか、それとも早々と天井を打ちに行くのか、経過を見る必要があります。



○月足による考察

usdzar070116month.JPG

長期的な大底から数えて来月2月は26月目なんですね。
これ、重要かと思います。

また雲の中に突入したばっかりですが、雲が厚いですので、
まだ上昇の余地は十分ある、そうも考えられます。



というわけで、小勢波動目標値を計算しながら2月に向けてひとまずドルランドは上昇するのでは?と考えております。

そうしますと、当然ランド円にも影響があるわけで、下向きのバイアスがかかりやすい可能性が出てきます。
先日の記事で述べた「Y波動」の可能性です。


以上、長々と書いてしまいましたが、

先日の記事はランドブル、今日の記事はドルブル、どちらかに間違いがあるはずです。
そういう矛盾があって最近記事を書くのが非常に難しいです。
このどちらかの変化を瞬時に判断して「予測」し対応するのが一目均衡表の醍醐味なわけですが、さてどっちのブルが崩れるでしょうか?

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年12月26日

ドルランド-長期トレンドは?

今日はドルランドの長期的な動向を見てみたいと思います。

本当は一目均衡表が見たいのですが、今の所見れないので、

普通のチャートを用いて考えて見ます。

usdzar1226month.JPG

月足なんですが、複合基本数値59(51+9)&対等数値に当てはまっております。
しかも戻り高値というのがポイントですね。

赤の波動で見ても、V値をほぼ達成してますので、波動としても達成感があると思われます。
また1波動目と3波動目の月数も似てますね。

というわけで、ざっと計算してみても、ドルの下落トレンドは継続中と見れるのではないでしょうか?


週足で見ても、以前は下落9週で止まると思ってたのですが、13週目に突入してますので中期トレンドとしては下落継続を考えております。

NY金の動向と合わせて気になるところです。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!


トップページへ戻る
posted by momotama at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年12月07日

あっさり下落?

皆様こんばんは。

ドル笊は昨日の記事での日足の限界線をあっさり割ってしまいました。
日足での対等数値は、はずれですね。

よって週足にどのように影響が及ぶのか、
考えを修正する必要があるのかもしれません。

ランド円は、日柄予測よりも早い底打ちとなりそうですね。
本日の終値次第ではフラッグを上方ブレイクしますので、
無事5波動目に移行という見方ができますね。

大事なところですので、慎重に行きましょう〜


アンケートやってみることにしました。
期間は1週間です。一人一回までです。
いたずら禁止機能がついてるらしいですが、
PC詳しい方はいたずら心に火を付けぬようお願い致します。


いつも訪問ありがとうございます!
poti.jpg
応援クリックお願いいたしますね〜


トップページへ戻る
posted by momotama at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年12月06日

ドルランドによる考察

皆様こんばんは。

今日はドルランドについて考えてみましたが、
意外なことがわかりました。

少し考えを改める必要もあるかもしれません。


まずは日足チャートです。

usdzar1206day.JPG

以前の41日の上げ波動の調整として、
現在の下げ波動があるのですが、

ほぼ対等数値を取ってから下げ渋っていることがわかります。

7.0563を下抜けると対等数値の考えは崩れるわけなんですが、
それを踏まえて週足を見てみましょう。

usdzar1206week.jpg

基本数値と対等数値がかなり正確にワークしていますね。

赤の波動33週目で底を打った可能性が考えられます。

日足の対等数値とリンクしてきますね。


また、過去の波動が五波動を取っていることを考えますと、
現在の赤の波動も五波動を構成することが考えられますが、
三尊の可能性も十分考えられます。


五波動を形成する場合は3月第2週
三尊の場合は1月第3週を目処にピークを予測できます。


波動の形からは、先週で底を打ったとすれば、
かなりの強い上昇が見られることになりそうです。

日足の均衡表を見てください。←クリック
転換線に頭を押さえられ続けていますね。
NYクローズで抜けてくれば、上昇の合図と考えられますね。



そうしますと、ランド円にはかなりきつい展開となるのではないかと思われます。

日足の雲のネジレに吸い込まれて、下抜けるようならば、
ランド円は3月までまた下落が続く可能性もあります。

そうしますと、中勢下落波動の五波動目を構成する動きを予測できるでしょうね。


ドルランドの動きに今後はよく注意したほうがよさそうです。

いつも訪問ありがとうございます!
seal.jpg
今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ



トップページへ戻る
posted by momotama at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(10) | USDZAR
2006年11月24日

来週以降に注意!?

皆様こんばんは。

笊円はサポートが見事にきいてますね〜

このまま来週まで持ち越せば、想定内の動きに収まりそうですね。


来週以降の注目の日を、usdzarとeurzarの視点から見てみます。

今日は大サービスの4枚セットです!


○ドル笊日足
usdzar1125day.JPG

○ドル笊週足
usdzar1125week.JPG

○ユーロ笊日足
eurzar1125day.JPG

○ユーロ笊週足
eurzar1125week.JPG


簡単に言いますと、日足では来週に基本数値が集中

週足では、12月第2週に基本数値が集中しています。


よって来週から再来週にかけて非常に濃い相場展開が予想されます。

今日のユーロ爆騰といい、ドル暴落といい、

年末相場に突入といった感じですね。


では来週もがんばりましょう!

良い週末を手(パー)

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
一つぽちりとお願いいたします!
posted by momotama at 22:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年11月14日

気になるチャートパターン

皆様こんばんは。

実は本業が忙しく、あまり集中できてません。

手抜きで本当に申し訳ないのですが、
今日はこれで勘弁して下さいませあせあせ(飛び散る汗)


ドル笊に気になるチャートパターンが出ています。

usdzarday1114.jpg

フラッグかウェッジ、どちらにもなりそうな気配です。

ドル笊と笊円は見事に相関関係がありますので、
ちょっと不安なところです。

基本数値をカウントできるのは、今週金曜日です。



以前の笊円の記事で述べた基本数値の日も、今週金曜日です。



金曜日にかけて、ドル笊が底狙いのような形を見せた場合は、
普通に考えて、ちょっとまずいですね。


その場合は笊円にしても、少し長めの調整下落があるのかもしれません。




少しポジを減らして様子見が得策のようです。

ちなみに、これはクロス円にも言えることだと思っています。
ちょっと怪しいです。

いつも訪問ありがとうございます!
natume.jpg
ぽちり、ぽちりとお願いいたします!
posted by momotama at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年11月08日

USDZARによる考察

皆様こんばんは。
昨日は日帰り出張で疲れて更新できませんでした。

そして先ほどは、
世界女子バレーが気になって集中できませんでしたダッシュ(走り出すさま)

本日は、ドル笊による分析をしてみました。
年末に向けてどのような動きをするのか気になるところです。

○日足による考察

usdzarday1108.jpg

波動的には下降波動継続中ですが、
日柄的にも値幅的にも達成感がありますので、
一旦反発上昇を考えています。

また直近の中勢波動の日柄から考えて、
33・42・76という数字を考えています。


○週足による考察

usdzarweek1108.jpg

2006年4月からの上昇は基本数値通りにきています。
それで次の変化週を、17・33という数字で考えています。
そうしますと、今月第5週が浮かび上がってきますね。

おっ日足の日柄と重なるところがありますね。

波動的にはまだ上昇波動継続中です。
しかし、急な型譜の出現のため、
ゆっくりとした下落を考えています。


○月足による考察

usdzarmonth1108.jpg

これといった基本数値はないのですが、
59という対等数値が見られます。
それで、相場の反転の可能性が考えられます。


以上のことから、経過を見る必要はありますが、
緩やかなランドの上昇を考えています。

先日のユーロ笊の記事と比較しながら、
今後のランドの動向を考えてみて頂けましたらと思います。

今日も皆様のご協力お願いいたします!凸ポチッ
banner_02.gif
posted by momotama at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | USDZAR
2006年10月17日

ドル笊日足による考察

今日の記事はドル笊の日足からの考察です。

usdzar1017.jpg

【其の壱】−時間論

5/1→6/23の上昇波動と
8/9→10/4の上昇波動がほぼ同期間

ゆえに6/23→8/9の下降波動の期間から
10/4→現在の下降波動の期間を予測できます。

また8/9のボトムから一巡の期間も予測として挙げられます。
ちょっと気が長い話ですが・・・


【其の弐】−波動論

10/13の安値7.4469は、その前のボトム7.5518を下抜いています。
ゆえに短期的トレンド転換の可能性が考えられます。

これがなぜ重要かというと、
6/23→8/9の下降波動のボトムは、
水色の過去の小勢波動のボトム
6.6351等を一度も下抜けていないんですね。
それで下降波動は継続せず、ボトムを打ったというわけです。

しかし今回は少し違います。
過去の小勢波動のボトムを下抜いています。

これが持続的であるかを確認するためには、
赤色7.2613と7.0438
ターゲットとして抜けていかなければなりません。

そして8/9の安値6.7133を抜ければ、
完全にトレンド転換したということになります。
大きなV波動が出来上がります。

ただし、再び7.9696を上抜けてくるような展開になりますと、
全然話は違ってきまして、上昇波動継続ということになります。


各指標の関係もご覧下さい。
遅行線が日々線に衝突しそうです。→チャート

以上のことからしばらくはランド円は戻り高値をつけるか、
本格的にトレンド変換するかの
チャンスが訪れるような気がしています。
あくまでもチャンスですが・・・

いつもありがとうございます。
本日もクリックお願いいたします凸ポチポチッ!

ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | USDZAR
2006年10月02日

ドル笊時間論分析

皆様こんばんは

昨日に引き続き、ドル笊日足での分析を行います。

私が本を読み進めるのに伴って、
だんだん話がややこしくなってきますので、がんばってついて来て下さいね。
本が無いと分からないこともありますので、それは本を買うか、
へぇ〜っと聞き流して下さいませ。

では参ります。

usdzarday.jpgまずチャートを眺めますと、17日(二節)が大体の周期として丁度良いようですね。
それで未来につける天井も、その周期を期待できそうかな考えることができます。

またチャートを青の矢印のように三つの波動に分けることができますね。

@4/18→6/24までの上昇(二期)
A6/24→8/9までの下降(一期一節)
B8/9→現在の上昇


そうするとBの現在の波動に17日(二節)を加えますと、ちょうど二期となり、
@の波動と同じ期間になります。
気持ち悪いくらいタイミングが良いですね。
あと10/5に一巡を迎えるということも頭の片隅に置いておいて下さいね。

そして、値幅観測論にて計算すると、

4/18 5.9422
6/24 7.5252
8/9  6.7132
V計算値 8.3372
N計算値 8.2962
E計算値 9.1082
NT計算値 7.4842


となります。

結論として、今月中旬に赤い線のように8$Low位は行くかもと予想できるわけですね。


これでやっとドル笊の上昇は終わりか〜・・・と安心することはできません。

一目均衡表には、基本数値に加え、対等数値というのもあります。
昨日の笊円のチャートにもこれを加えるのを忘れておりました。

ピンク色の文字がそれです。
波動パターンと呼ばれるものに対等数値を重ねています。
そうしますと、この上昇はまだまだ終わらないという答えが返ってきます。
E計算値もありえるのかもしれません。


ちなみに長期で見た場合の
【フィボナッチリトレースメント】

高値(0%) 2001年12月 13.8505
安値(100%)2005年1月 5.5865
23.6%戻し 7.5400
38.2%戻し 8.7500
50.0%戻し 9.7200
61.8%戻し 10.7000
76.4%戻し 11.9100


まったく恐ろしい話です。


zarjpyday2.jpg昨日の笊円チャートにピンク色で対等数値を追加しておきました。
どうぞご覧下さい。
ドル笊ときれいに逆相関ですね。


次は週足に挑戦いたします。

楽しく読んで頂けましたら、クリックお願いいたしますね〜凸ポチッ
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 21:36 | Comment(3) | TrackBack(1) | USDZAR
2006年09月26日

ドル笊時間論による考察

皆様こんにちは。

今日はドル笊の一目均衡表の時間論での分析を載せたいと思います。

分からない方のために簡単に説明すると、
時間論とは過去の天井や底の周期から未来を予測しちゃおう!
という一目均衡表にしかない画期的な分析手法です。
これを無くして一目均衡表は語れないという位重要なものなんだそうです。
詳しくはこのブログの「テクニカル勉強の手引き」のリンクから勉強してみて下さい。

まずは日足チャートです。

usdzarday.JPGぴったり33日周期でトレンドが切り替わっているのが読み取れますね。
ほんとはもっと長いスパンで日柄計算できればもっと信憑性が増すのでしょうが、
今使えるチャートではこれが限界でした。
というわけで、本日が33日目にあたります。
もっとも一日や二日ずれることはありますが、
今週トレンド転換する可能性はあるということだと思います。
そうすれば自然と笊円にも良い影響が及ぶでしょうね。


では、それを踏まえて週足チャートを見てください。

usdzarweek.jpg9週周期で天井と底を繰り返しているのが見てとれますね。
それで先ほどの日足のトレンド変換の日柄数(33日=4〜5週)を週足に当てはめると、
ほぼB-W波のタイミングに一致します。
そして上昇ウェッジを描きながらB-X波を9週で達成後、C波へ移行というのが、
昨日の夜に思いついた妄想です。

このように時間論を使うと未来の予測が出来ておもしろいですね。

あまりにうまく出来すぎていてコワイくらいです。
でも、ピンときた直感ですので、当たるかもしれません。

私も時間論はおおまかにしか理解していないので、もし間違っていたらご指摘頂ければうれしく思います。

笊円の時間論のデータもあるのですが、それは明日のお楽しみ!

最近ランキングが下がってきてちょっとさみしい感じです。ランキングが上がると訪問者も増え、もしかしたらプロの方のコメントも頂けるかもしれません。その機会を作るためにも、このブログを応援していただける方は凸ポチッお願い致します。一日何回押してもOKですよ。よろしくお願いします。
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 09:32 | Comment(6) | TrackBack(1) | USDZAR
2006年09月18日

ドル笊の下値目処

皆様こんばんは。

まず初めに、昨日の記事に誤りがありました。
1980年の高値が間違っております。
皆様のコメントにより問題解決されております。
後日訂正した分析を載せたいと思います。
申し訳ありませんでした。

さて、ドル笊が下落中です。

ちょっと気が早いですが、7.52を抜けれなかった場合について、
先日のドル笊週足からの考察
http://forexwatch.seesaa.net/article/23756712.html
に述べたエリオット波動ポイントからの算出をします。

【B-U波→最近高値からのフィボナッチリトレースメント】
安値(100%) 2006年8月7日 6.7132
高値(0%) 2006年9月11日 7.4700
23.6%戻し 7.3000
38.2%戻し 7.1900

50.0%戻し 7.1000
61.8%戻し 7.0100
76.4%戻し 6.9000

【A波→B-Tのフィボナッチリトレースメント】
安値(100%)2006年4月17日 5.9422
高値(0%)2006年6月19日 7.5252
23.6%戻し 7.1600
38.2%戻し 6.9300
50.0%戻し 6.7400
61.8%戻し 6.5500
76.4%戻し 6.3200

現在7.31Midですので上記赤数値を狙うものと思われます。
その場合、118円/$ ÷ 7.2000(仮)=16.3888・・・となります。

このままドル笊の調整が続けば16円Midまでは期待できるということになりますね。
期待できるといってもドル笊が3波中であるというのは忘れないようにして下さいね。

笊円日足チャートで見ても、
@転換線上抜け
A遅行線が雲突入に再トライ
B基準線が水平

チャートの形としては悪くない体勢に入ってきたと思っています。
もちろんこのまま行けばですが・・・

あと、NY金日足チャートもトレンドライン割れが本格的になりそうな気配がしますが、
豊島逸夫さんのコラムにもあるとおり需給関係が価格を支えるという見方もあります。今年の高値730$は来年前半超えるだろうとのことですが、そのことを踏まえた記事は次回に致します。

海外サイトのリンクが増えてきたため、自然と広告スペースも海外のサイトが表示されるようになってきました。非常に興味深いサイトもあるようですので、是非本場の情報を参考にしてみてください。

いつもたくさんのアクセスありがとうございます。モチベーション向上のため、差し支えなければ今日も応援クリックバシバシお願いしますね凸ポチッ
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 19:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年09月15日

ドル笊考察の続き

皆様こんばんは。
昨日の続きなのですが、一目均衡表の値幅観測を追加で載せたいと思います。

【一目均衡表 値幅観測】
2波基点 5.9416
3-T 7.5246
3-U 6.7136
V計算値 8.3356
N計算値 8.2966

E計算値 9.1076
NT計算値 7.4856

昨日の3波目標値とは違いますが、これも目処にしておくのもいいと思います。

あとくぁ〜っさんのコメントの長期で見たフィボナッチ数値も非常に興味深いですね。

今日は米指標盛り沢山なので、そちらを楽しみましょう。
週末G7も控えておりますし、金利差相場が継続するのか注目ですね。

では、TGIF!

追伸:テクニカルについてほとんどの方はご存知でしょうし、私よりずっと詳しい方も沢山見ておられるかと思いますが、分からない方のために【テクニカル勉強の手引き】リンク集を作ることにしました。全て私が勉強に使ったサイトです。一目均衡表、エリオット波動その他、おもしろいサイトがあれば教えて頂きたいと思います。宜しくお願いいたします。

いつもたくさんのアクセスありがとうございます。アクセス数が日々増えてうれしい限りです。差し支えなければ今日も応援クリックどれかお願いしますね凸ポチッ
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 22:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年09月14日

ドルランド週足による考察

皆様こんばんは。
ちょっと今日は目線を変えてドル笊の分析をしてみました。
ランド円の値動きには重要な関係がありますので、少し考えてみるのもいいと思います。

usdzar0914.jpg今日はSaxoBankのチャートを使用してみました。エリオット波動にてラベリングしております。


基点 2005年1月 3日 5.5859
1波 2005年5月30日 6.9536
2波 2006年4月17日 5.9416
3-T波 2006年6月19日 7.5246
3-U波 2006年8月 7日 6.7136


以上とし、現在は3-V波を目指すものと考えますと、

【3-V波目標値】
10.0859(3-T波+上昇幅×1.618)
11.6689(3-T波+上昇幅×2.618)

 
【3-X波目標値】
9.1665(1波+上昇幅×1.618)
10.5342(1波+上昇幅×2.618倍)

以上のようになります。

チャートの形から赤文字の目標値が生きてくると思います。

ただし、これが現実になるには 3-T波 7.5246 を越える必要があります。

こうなった場合のランド円はどうなるのでしょうか?

お〜こわい・・・

いつもたくさんのアクセスありがとうございます。差し支えなければ今日も応援クリックどれかお願いしますね凸ポチッ
ブログランキング
 にほんブログ村 為替ブログへ banner_02.gif

posted by momotama at 21:41 | Comment(11) | TrackBack(0) | USDZAR
2006年09月04日

ドル笊フラッグ疑惑

usdzarflag0904.JPGしろふくろうさんのコメントのチャートを、分からない人もいるかと思いますのでアップしておきます。参考まで!
posted by momotama at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | USDZAR
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。